THE EPOCH TIMES

<写真でみる中国>圧巻!生活感あふれるレトロなマンモス・アパート

2010年10月23日 07時57分
 【大紀元日本10月23日】トントンと野菜を切る音にジャラジャラと麻雀牌を混ぜる音、子供の騒ぐ声に親の怒り散らす声、肉野菜炒めのいい香りに自家製干し魚の生臭い匂い、風になびく洗濯物に日溜まりでまどろむ猫‥‥写真から漂ってくる庶民の無秩序で悠然とした生活が、喧噪な現代化の街、上海にあった。

 隆昌路362号。隆昌公寓と呼ばれるこのアパートは1920~30年代に建てられたそうだ。もともとは租界地の警察署(巡捕房)で、1949年以降は公安局の家族宿舎として使われていた。そして現在、250世帯が肩を寄せ合って生活するこのマンモス・アパートの住民のほとんどは、地元上海の一般市民だという。

 04年には、隆昌公寓は「移転させない文化遺産」と指定された。そんな指定はどこ吹く風。住民にとっては相も変わらぬ「我が家」のようだ。

 ちなみに、ここ隆昌公寓は、香港の映画俳優、周星馳(チャウ・シンチー)が04年に監督・主演した映画『カンフーハッスル』(原題:功夫、Kung Fu Hustle)のロケ地であるとの噂もあるが、定かではない。隆昌公寓の写真を見て『カンフーハッスル』を連想する人は、少なくないだろう。

生活感溢れる感じもいい(猫撲mop.comよりスクリーンショット)

廊下は通れるスペースだけ残し、ちゃっかり増築(猫撲mop.comよりスクリーンショット)

階段はかつての栄光を物語るように、上りと下りが分けられている(猫撲mop.comよりスクリーンショット)

レトロな郵便受け(猫撲mop.comよりスクリーンショット)

(猫撲mop.comよりスクリーンショット)

(猫撲mop.comよりスクリーンショット)

映画『功夫』の1シーン。バックの建物は隆昌公寓そっくり(YouTubeよりスクリーンショット)

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^