THE EPOCH TIMES

中国に諜報員名簿漏えい 台湾軍大佐を逮捕 中国二重スパイ複数潜伏か

2010年11月04日 06時46分

 【大紀元日本11月4日】中国に台湾の国家機密情報を漏えいしたとして、台湾の最高諜報機関に勤める大佐を含む二人が11月1日、台湾当局に逮捕された。

 逮捕された2人は、台湾国防軍事情報局の上佐係長・羅奇正容疑者と、台湾の実業家を名乗って中国国内に潜伏していた台湾の諜報員・羅斌容疑者(41歳)。今回の事件は近年、台湾で摘発された諜報員による情報漏えい事件の中でも、容疑者の階級は最も高い。

 台湾軍部は本件の内容や影響について多くを語らない。台湾国防部は記者会見で、軍事情報局はすでに被害を最小限に抑えており、影響は非常に限定的である、としている。

 一方、台湾メディアが伝えたところによると、この事件で漏えいした機密情報には、中国国内に潜伏する台湾の諜報員の名簿や、内部会議の議事録と報告書が含まれており、中国国内での台湾の諜報ネットが壊滅的な打撃を受けた可能性がある。

 台湾紙「自由時報」は捜査関係者からの匿名情報として、羅奇正容疑者は7年前に、羅斌容疑者を諜報員として募って北京などの中国各地に潜伏させた。後に羅斌容疑者が中国政府に逮捕されて、拷問に耐えられずに二重スパイを承諾したという。

 その後、羅斌容疑者は、中国諜報当局の指示で羅奇正容疑者を金で買収して二重スパイにしたという。

 両岸の諜報合戦において、中国諜報当局が相手の諜報員を二重スパイにするのは常套手段だという。台湾の実業家を名乗って中国国内に潜伏した元諜報員の林さんはBBC中文ネットの取材に対し、自分が中国政府に逮捕されたときにも二重スパイを要求されたが、応じなかったため福建省で10年以上監禁されたと証言した。いま、林さんは釈放されて台湾に戻っている。

 今回の漏えい事件によって、台湾の諜報員らがいま中国国内で命の危険にさらされていると憂慮して、野党・民進党の議員は馬英九政権に対し、両岸の政府対話ルートを通じて、諜報員らの安全帰還を確保するようよびかけている。

 台湾の国家最高行政機関である行政院の呉敦義・長官は、身元が割れた諜報員の早期帰還に尽力するとの考えを示した。

 羅奇正容疑者は高官であり、諜報員の名簿は、4年前にすでに漏えいしたとみられることから、台湾諜報員の安全な帰還は簡単には実現できないとの声が強い。

 台湾軍部の陳虎門少将はメディアに対し、中国で逮捕された台湾諜報員の総数は100人を超えていると証言した。

 一方、台湾諜報局には本案のような二重スパイがまだ多数潜伏していると指摘する内部の声もある。

(翻訳編集・叶子)

 

関連キーワード

関連特集

^