THE EPOCH TIMES

中国当局、「独立」描く絵画の撤去求める

2012年09月12日 11時17分
【大紀元日本9月12日】中国政府が、アメリカ市民個人の表現に苦情をつけている。米国オレゴン州コーバリス市の台湾系米国人・林銘新さんが経営するレストランには「台湾独立」「チベットへの人権侵害」がテーマの壁画が飾られている。このたび、中国政府はこれを撤去するよう同市に求めた。しかし市長は米国憲法は言論自由を保障するとして拒否した。

 この幅約30メートル、長さ約3メートルの壁画は、台湾画家・趙宗宋氏とカナダ在住の台湾画家・卢月鉛氏が共同で製作した。画中には台湾の観光名所である台北101や阿里山神木のほか、中国警察がチベットの抗議者を殴る場面や、僧侶が中国の圧政に抗議し焼身自殺する姿が鮮明な色で描かれている。そして台湾独立の支持を呼びかける文言も入れられている。

 作成者によると、この絵画のテーマは「多くの人が台湾、チベットの自由を懸念している。チベットと台湾の自由への切望が壁画で最も表現したいもの」だという。

 地元紙ゴセットタイムズによると、サンフランシスコの中国領事館は8月8日に、市長ジュリーマニング氏に「台湾もチベットも中国の一部で、地元の中国人社会で強烈な不快感を引き起こした」を理由に、壁画を除去することを要求する手紙を出していた。

 マニング市長はこの要求に遺憾の意を示した。「地方政府は芸術を管理する権力はない。米国憲法第一条にあるように、国は言論自由を保障しており、芸術表現の自由も含まれる」と返信したという。

 壁画の所有者林さんは、この画をめぐり強い圧力を受けている。彼自身や家族が中国へ入国する際、拘留されるのではないかと心配してるが、壁画を撤去するつもりはないと地元メディアに話した。

 (翻訳編集・池葉)


関連キーワード
^