ロシア、対中国石油供給に600億ドル契約 過去最大規模

2013年06月21日 16時45分
【大紀元日本6月21日】ロシアのプーチン大統領は、同国最大石油企業ロスネフチが中国に対し600億ドルに上る数千万トンもの石油供給計画を準備していることを発表した。その規模は過去最大のものとなる。

 20日から開かれている第17回サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、プーチン大統領は中国国務院副総理の張高麗氏と会談し、上記の契約とともに国境を超える石油パイプライン基盤の構築にも同意した。

 ロシアのイタル・タス通信によると、プーチン大統領は他の石油企業も対中国石油供給計画に期待していることに触れ、「将来を見越した大規模かつ長期的なプロジェクト」と述べているという。

 さらに、両国間で鉱石や石炭、肥料、材木などの他の資源も輸送できる2.2キロの国境を跨ぐ橋梁を、黒竜江省北部に建設することに合意した。2013年では、ロシアから中国への石油供給量は80万トン増になる見通し。2014年には200万トン増に届くと推計されている。

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^