大紀元時報
トップ ライフ・ストーリー
ライフ・ストーリー
本当の幸福とは?(OLIVER LANG/AFP/Getty Images)
2020.04.22
九死に一生、シンプルで楽しい人生へ

中広新聞の報道によると、クロアチアで音楽教師をしているセラクル(Seracle)さん(81歳)は、これまでの人生の中で7回にも及ぶ致命的な事故に見舞われたが、幸い...

Pixabay
2020.04.21
同じ日に同じ病院で生まれた二人が結婚へ

1986年4月17日、エイミー・シングレーはこの世に生を受けた。それが運命の人と出会った日であることに彼女が気づいたのは、それから十数年後のことだ。

努力しながらも、常に平常心を保てる人は素晴らしい。嫉妬心が消えた時、心は広大な海にように広がる(大紀元)
2020.04.21
心のつぶやき: 嫉妬心を除き、平常でいること

大学院で理工科を研究していた私は、同じ研究室の友人2人が博士号を取得するために米国へ渡ると、共通の友人から聞かされた。一人はマサチューセッツ工科大学で、もう一人は...

心地よい職場とは?(photos.com)
2020.04.20
どうしたら職場で楽しく働ける?

「仕事をしている時、少しも喜びが感じられない。だから、アフターファイブを楽しむだけ」という人は多いはず。仕事でのストレスでイライラしたり、精神的に落ち込んだり・・...

宇宙の中を飛んでみたい(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2020.04.20
飛べるのに、なぜそうしない?

ある時、私のテーブルの上を一匹の小さな虫がゆっくりと動きながら自分に近づいてくるのに気がついた。虫は私の指にぶつかって少し動きを止めたが、別に逃げようとはしなかっ...

(Powerhouse Museum/Creative Commons)
2020.04.19
≪医山夜話≫ (13)
優秀な女医が残した人生の遺憾

私の友人に、ケイシーという女医がいました。彼女が勤める病院は私の診療所の近くだったので、私たちはよく互いに患者さんを紹介していました。有能で美しいケイシーは私と同...

(Feverblue/Creative Commons)
2020.04.19
父が綴った、いとし子たちへの手紙

もし、いとしい子供たちへ手紙を書くとしたら、あなたが一番伝えたいことは何ですか?子どもへの愛情、彼らの将来への期待、それとも人生の意義ですか? 一人の父親が子ど...

(Romainguy/Creative Commons)
2020.04.19
<心の琴線>
息子が直してくれた、嫉妬心という名の病

息子が重度のアトピーと診断されたのは、彼が1歳のときだった。 強烈なかゆみのために、自分で何度も掻きまくった息子の顔はパンパンに腫れ上がり、足の皮膚は血だらけとな...

(Pixabay)
2020.04.19
≪医山夜話≫ (15)
財産

財産は使うために存在するものです。お金がないと生活ができませんが、お金ばかりに目が眩んでもいけません。ひたすら節約して一文も使わないのなら、山積みの財産を持ってい...

(TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images)
2020.04.19
夫婦の「愛する人への秘密」

夫婦間での秘密というと何やら後ろめたい気もするが、夫婦が互いを尊重し、相手を思いやる気持ちから「互いに秘密を守りぬく」という場合もある。中国語のネットで見つけた夫...

Pixabay
2020.04.19
悲しみの5段階を乗り越える

人は誰もが悲しみにあった時、すぐには受け入れられません。感情が不安定で考えがまとまらず、頭が混乱してしまうのです。

(sektordua/CreativeCommons)
2020.04.19
<心の琴線> 太陽の人

それはまだ私が母親になっていない、20代後半の頃からだろうか。小さい子供を見ると、とびきり愛おしく感じるようになった。親友の子供でも、通りすがりの子供でも、とにか...

(Pixabay)
2020.04.18
≪医山夜話≫ (23)
信頼

ジャックは弁護士です。初めて私の診療所に来た時、彼の表情は患者というよりも、むしろ裁判官といったほうが適切でした。

(ceeshek / Creative Commons)
2020.04.18
≪医山夜話≫(37)
向こう側の生命

マルクは私の良い友達です。私が困難に遭った時、彼はよく助けの手を差し伸べてくれました。 ある日、彼の余命が短いということを知らされました。彼は脳の末期ガンで、命...

(thisisbossi/ Creative Commons)
2020.04.18
生命にとって一番重要なのは?

にぎやかな町を歩いている時、ふと寂しさを感じたことがありますか? 家族と遠く離れ、友人もいない日々に、孤独や無力感を味わったことがありますか?生命にとって何が大切...

(ChR!s H@rR!0t/Creative Commons)
2020.04.18
<心の琴線>
勇敢になることの美しさ

彼女は子供の時から見栄えが悪く、泣き声も大きかった。可愛がってくれる人は少なかったが、彼女はそんな醜い自分を意識せずに、楽しく日々を過ごしていた。

パープルタイガー
2020.04.18
花と会話

https://img.epochtimes.jp/i/2020/04/18/t_cmia4vaiygat0nkd6hbp.jpg

(ARESAUBUM/CREATIVE COMMONS)
2020.04.17
盲目の少女の物語 人生は贈り物

ひとりの盲目の少女がいた。彼女は、盲目ということで自分自身を嫌っていた。

今年の3月19日で、日本からアメリカに移植されちょうど100年を迎えたワシントンDCの桜(Alex Wong/Getty Images)
2020.04.17
<心の琴線> 信じられないものを信じて生きる

最近、『信じられないものを信じて生きなければダメだ』という言葉が頭に浮かぶ。 聖人でもなく有名人でもない、去年亡くなった私の母の言葉である。

ロレッタ・ダチャンプさん(NTD Inspired)
2020.04.17
10年以上のイジメ 自信を取り戻したきっかけは…

幼少期から思春期は、女の子にとって非常にデリケートな時期。「ブス」「太っている」「キモい」といった言葉を浴びると、まるで自分が本当に存在価値がないかのように思い込...

(ChinaFotoPress/Getty Images)
2020.04.16
<心の琴線>
母の咳

「あなたのお母さんがひっきりなしに咳をしているのが聞こえるわよ。何かの病気に罹ったのか、ちょっと心配だわ」と、実家と付き合いのある近所の人から電話がかかってきまし...

(TANAKA Juuyoh/Creative Commons)
2020.04.16
私も「法輪功」について論じます

私が初めて法輪功のことを聞いたのは大学生の時だった。当時、中国では法輪功への迫害が始まり、新聞やテレビ、ラジオなどのメディアが天地を覆うほどの勢いで法輪功を批判し...

(The Epoch Times)
2020.04.16
世界に一つだけの花なのに、どうして比べたがる?

ある美しい森に、一羽のクジャクがいた。クジャクは美妙な歌声を持つウグイスに嫉妬し、神の前で不満をこぼした。

(lonesome:cycler/Creative Commons)
2020.04.16
≪医山夜話≫ (47)
生命

彼はすでにこの世を去りましたが、彼の顔、声、彼と交わした会話は、よく私の記憶の中に蘇ります。

(Mrhayata/Creative Commons)
2020.04.15
本当に美しい人になるには

「美人」というと、どんな顔を想像するでしょうか。顔が整っている人はたくさんいますが、なんとなく意地悪そうに見える人もいれば、気が強そうな印象を与える人もいます。ま...

(timbomb/CreativeCommons)
2020.04.15
この世で一番大切なことは?

その昔、多くの参拝者で賑わう円音寺という寺があった。この寺の正殿の梁に、一匹のクモが何千年も住みついていた。

Salimfadhley/Creative Commons
2020.04.15
与える人と与えられる人

世の中には、富を持てる人と持てない人がいます。どちらの側に生まれても、人に与えるという事は思ったより難しくありません。たとえ施すほどのお金や知識がなくても、ちょっ...

観音菩薩(大紀元)
2020.04.14
天国と地獄 瞑想中にあの世を旅した僧侶の手記

人はどこからやってきて、死後はどこへ行くのか。魂は存在するのだろうか。古代から世界中で伝わっている「あの世」とはつまり、天国と地獄の存在である。その様子は国や地域...

(katerha/Creative Commons)
2020.04.14
宇宙の理は常に働いている

最近、深夜に眠れないときによく思い出す出来事がある。

陳柏湘さん(写真右)は09年、、台南県永康市から表彰を受けた
2020.04.14
アルコール中毒からの脱出【修煉と健康】

【大紀元日本1月22日】祖父の代から親兄弟まで皆が大の酒好きという台湾の台南県永康市に住む陳柏湘さん。陳さんは毎日酒を欠かしたことがなく、彼らは隣近所から「酒豪の...

^