漢字の紐解きシリーズ

「聖」

2016/01/23 07:00

 先日「王」の成り立ちについてご説明しました。この王に別の漢字を加えることで、「聖」という文字が生まれます。

 古代中国では、大きな耳を持つ人は恵みが深いとされていました。このため、聖人は大きな耳の持ち主として知られています。

 なぜ聖人には大きな耳があるのでしょうか。神からのメッセージに耳を傾けるためです。漢字のつくりをみると、聖人には耳だけでなく口もあります。常に真実を告げる口です。

 それではなぜ「王」が「聖」の中にあるのでしょうか。「王」が「聖」の文字の土台になっていることから、聖人は普通の人間ではなく、天上から降臨した国王、君主であることを示唆しています。耳、口、王を合わせることで全く新しい概念を生み出す漢字。一文字一文字の背後に奥深いものが感じられますね。

(神韻芸術団フェイスブックより)

関連記事
注目記事
^