THE EPOCH TIMES
旧正月は目前

訪日旅行、「爆買い」から日本文化楽しみ型へ

2018年02月10日 18時00分

旧正月を控え、中国本土からの訪日客が増えるシーズンとなる。2017年の訪日外国人は2,800万人と5年前と比べると3倍になった訪日旅行者数。中でも国籍別の訪日数で730万人あまり(2017年)というダントツの1位を維持している訪日中国人。「爆買い」ブームも沈静化したかに見える現在、彼らはなにを求めて訪日しているのだろうか? 訪日インバウンドマーケティングサービスを展開する株式会社カンバイが訪日中国人調査を行った。

<Q.今回の同行者を選んでください。(いくつでも)>

(株式会社カンバイ)

同行者は、「1位:夫婦・パートナー(38%)」「2位:家族・親族(30%)」「3位:友人(22%)」と続くが、「4位:自分ひとり」も20%に上っている。

 <Q.あなたが日本に来たのは今回で何回目ですか。(ひとつだけ)>

(株式会社カンバイ)

訪日回数は、「1位:3回目(24%)」「2位:2回目(23%)」となり、「5位:1回目」は全体の12%にとどまった。訪日リピート率が高まっていることがうかがえる。

 <Q.今回の日本訪問の主な目的を選んでください。(ひとつだけ)>

(株式会社カンバイ)

 訪日目的は「1位:観光・レジャー(87%)」がダントツの1位となっている。

 <Q.今回の日本滞在中に買い物をする予定の場所を選んでください。>

(株式会社カンバイ)

 買い物をする予定の場所は、「1位:ドラッグストア(81%)」「2位:百貨店・デパート(80%)」「3位:空港の免税店(73%)」が健闘したものの、「4位:家電量販店(47%)」「6位:アウトレットモール(42%)」は50%以下と苦戦しており、訪日中国人が好みそうな商業施設でもはっきりと明暗が分かれた。

 <Q.今回の訪日前に期待していたことは何ですか(いくつでも)。>

(株式会社カンバイ)

 訪日前に期待していること(複数回答)は、「1位:日本食を食べること(80%)」「2位:自然・景勝地観光(72%)」「3位:ショッピング(70%)」が上位に。一方で「8位:日本のポップカルチャーを楽しむ(29%)」「9位:日本の酒を飲むこと(27%)」は振るわず。

 <Q.この中で、最も期待していたことは何ですか(ひとつだけ)。>

(株式会社カンバイ)

 訪日前に『最も』期待していることは、「1位:繁華街の街歩き(26%)」「2位:日本食を食べること(23%)」「3位:日本の歴史・伝統文化体験(18%)」となった一方で、「5位:ショッピング」がわずか3%にとどまるという驚きの結果に。訪日中国人にとって日本でのショッピングはもはや特別な体験では無くなっているものと考えられる。

(出典 株式会社カンバイ)

関連キーワード
^