インドネシア、12人目の鳥インフルエンザ感染者

2005年11月27日 09時03分
 【大紀元日本11月27日】インドネシア政府が26日、12人目となる鳥インフルエンザ感染者が確認されたと発表した。インドネシアの衛生当局は数ヶ月以内にウィルスの抑制のため、治療薬「タミフル」の製造に取り掛かるという。VOAが伝えた。

 衛生当局が26日確認したところによると、16歳の少年が鳥インフルエンザに罹り、H51N型ウィルスの陽性反応が出たという。インドネシアではこれまで、鳥インフルエンザの感染によって7人の死亡者が出た。5ヶ月以内に「タミフル」の生産を始めるという。

 台湾もまた、スイスの製薬会社ロシェから提供された「タミフル」の備蓄がなくなり次第、製造に取り掛かろうとしており、台湾知的財産権当局によると、近くランセンスを申請するという。ところが、ロシェ側は、同社が提供するより迅速にかつ安価に製造できるかどうか、台湾の地元企業の製造能力に疑問を抱いている。

関連キーワード

関連特集

^