印刷版   

消費者団体により欠陥があるとされたゲルゼンキルヘンのベルティンズ・アリーナ・サッカースタジアム=10日撮影(AFP)

W杯サッカー競技場、安全対策の欠陥、独・調査機関指摘

 【大紀元日本1月13日】サッカー・ワールドカップ(W杯)開幕まであと5ヶ月。開催国ドイツは最近、消費者団体が12箇所の試合会場に対して検査調査を行い、すべての会場に安全対策上の欠陥があると発表した。

 ドイツの民間調査機関「商品検査基金会」の検査結果によれば、特にベルリン、ライブチヒ、ゲルゼンキルヘンおよびカイザースラウテルがもっとも厳しい警告を出された。カイザースラウテルは火災の対応措置が特に不十分であると指摘された。

 決勝戦の会場となるベルリン競技場では、観客席およびグランドの間に深さ3メートルの溝、また、ライブチヒ試合場では、観客席およびグランドの間に高さ3メートルの壁が作られており、これらのものはすべてサッカーファンがグランドに乱入しないように設けられた防御対策であるが、安全対策専門らは、これらのものはパニック発生時に場合によって致命的な障害物となる可能性が高いと指摘した。

 W杯のために、ドイツは12の試合会場に対して、すでに14億ユーロを投じたという。今回の検査調査結果の公表に対して、W杯組織委員会ベイケン・バウア会長は否定し反発した。

 (06/01/13 06:40)  





■関連文章
  • 米ビジネスウィーク誌:2006年経済予測(06/01/06)
  • 写真報道:暴風雪に襲われ、ヨーロッパ警戒を強化(06/01/02)
  • 国際刑事警察機構、ザルカウィ容疑者を指名手配(05/12/30)
  • 中国広東省:無許可営業クラブに火災、26人死亡(05/12/28)
  • アフガン駐留米軍、2,500人削減へ(05/12/22)
  • ドイツ人記者、中国で河川汚染の取材中、拘束される(05/12/12)
  • アルカイダ武装勢力幹部、製油施設への攻撃を呼びかけ(05/12/09)
  • アルカイダ武装勢力高層幹部、パキスタン北部で死亡(05/12/04)
  • 米企業、中国でのスカイプ通話阻止装置を開発(05/11/21)
  • 中国主席訪独、独大統領民主・自由を訴える(05/11/12)
  • インタビュー: ベルリンの壁崩壊と胡主席の欧州訪問(05/11/09)
  • ドイツ新政府、対中武器禁輸措置解除に反対(05/11/09)
  • ロシアの鳥インフルエンザ再発で、ドイツ緊急対策(05/10/20)
  • ドイツ:初の女性首相誕生へ(05/10/11)
  • ローマ教皇:世界青年の日、宗教和解に歴史的意義(05/08/24)