高智晟氏、 釈放、「(連行は)中共政権による計画的なもの」

2006/01/15 08:57
 【大紀元日本1月15日】 1月12日正午ごろ、北京の著名人権弁護士・高智晟氏が警察に連行されたが、約1時間後に釈放された。本人の証言によると、当時執拗に尾行や、撮影する私服警察と口論になったため、すぐに警察が現れ、派出所に連行されたという。「今回の出来事は中共政権による計画的なもの」と高弁護士は分析している。

 高弁護士によると、12日正午に弁護士仲間数人と出かける際、私服警察官と思われる男が車中から執拗に撮影し続けたため、同弁護士も手持ちのビデオカメラで相手を撮影した、すると男は激しく逆上し、「人権」が侵害されたと称し、高氏のビデオカメラを押収すると強要してきた。男は非常に興奮し、みだらな言葉で高氏を罵倒し続け、高弁護士は「私はキリスト教徒だから、あなたと同様な言葉を口に出せない」と説教したが、さらに相手が暴力を振り始めた。たちまち数十人の民衆が集まり、そこで高弁護士は中共政権による法輪功集団鎮圧の違法性を再三に暴露し、一家全員が70日間以上にわたり数十人の私服警察に24時間フルタイムに監視や、尾行、嫌がらせを受けている真相を語り始めた。それを聞くと男は慌て出し、警察を呼び集め、高弁護士を派出所に連行した。男は終始身分を明かすことを拒み、無職者であるとの一点張りだった。

 派出所で高弁護士は無実を主張、調書取調べを固く拒否し、身柄の釈放を強く要求した。警察は上司の許可が必要と説明、1時間以上待たされた末、午後1時半ごろに返された。

 高弁護士は「今回の出来事は当局による連携プレーである。つまり、私を連行・逮捕することで、国内外社会にどういう反応が出るのかを試すもの」と分析している。

関連特集

関連記事
注目記事
^