トンガとパプアニューギニアでも強い地震、被害状況は不明

2006/05/28 20:48
【ロイター シンガポール5月28日】南太平洋のトンガ王国で28日、マグニチュード(M)6.7の地震が発生した。米地質調査所が明らかにした。

 同調査所によれば、パプアニューギニアのニューブリテン島でもM6.2の地震があった。

 いずれも被害の状況は明らかになっていない。

 トンガの地震は現地時間午後4時36分(日本時間午後零時36分)に発生。震源地は首都ヌクアロファの北東145キロ、震源の深さは50キロ。

 パプアニューギニアの地震は、ハワイの太平洋津波警報センターによれば、日本時間午後零時26分ごろに発生した。

 同センター発表の地震規模はM6.7で、過去のデータに基づくと太平洋全域での津波の恐れはないとしている。

 一方、米地質調査所とオーストラリアの調査機関は、パプアニューギニアの地震の規模をM6.2としている。

関連記事
注目記事
^