印刷版   

9月1日、安倍官房長官は自民党総裁選出馬にあたって、憲法改正や教育再生を柱とする政権構想を発表。写真は広島を訪れた官房長官(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

安倍氏が政権構想発表、経済成長前提に歳出改革を優先実行

 安倍官房長官は1日、自民党総裁選出馬にあたって、憲法改正や教育再生を柱とする政権構想を発表した。経済運営では「成長なくして財政再建なし」とし、成長戦略と歳出改革を優先する考えを全面に打ち出した。税制改正でも、「消費税負担のあり方や直接税のあるべき所得再配分効果など中長期的視点からの改革推進」とするにとどめ、将来の消費税率上げへの踏み込んだ言及は見送った。

 外交では「主張する外交」を強調。日米同盟を「世界とアジアのための日米同盟」と位置づけ、日米同盟関係強化と、「経済分野でも同盟関係を強化する」とした。一方、「中国・韓国など近隣諸国との信頼関係の強化」を掲げ、小泉政権下で冷え込んだアジア外交について「強固な連帯の確立」を目指す。

 また、「官邸における外交・安全保障の司令塔機能を再編し、強化する」とし、米国家安全保障会議(NSC)を念頭に、外交・安全保障の国家戦略を担う首相官邸機能を強化する。

 このほか、社会保障制度改革では「年金・医療・介護・社会福祉の一体的見直しを行い、持続可能な制度とする」とし、「社会保障番号の導入や徴収一元化を検討」などを上げた。

 また、道州制ビジョンの策定で地方分権や行政のスリム化を推進し、民間主導の地方再生構築を訴えた。

 政権構想で安倍氏は「私たちが進めてきた改革の炎を燃やし続け、日本を活力とチャンスと優しさに満ちあふれた、そして世界に開かれた国にしていこう」と述べ、小泉首相の改革路線を継承しさらに強化する考えを訴えている。

(ロイター1日=東京

 (06/09/01 18:37)  





■関連文章
  • 自民党総裁選で財政再建の議論深める必要=谷垣財務相(06/09/01)
  • 志は定まった=自民総裁選出馬で安倍官房長官(06/09/01)
  • 7月鉱工業生産速報は前月比‐0.9%、2カ月ぶり低下(06/08/31)
  • 中国の日本総領事前で数百人が抗議、タクシー運転手殴打めぐり(06/08/24)
  • 7月貿易黒字は前年比‐0.2%、事前予想を下回る(06/08/23)
  • 麻生外相が自民総裁選出馬表明、政策減税による経済成長に力点(06/08/21)
  • 【ことばの豆知識】人気(06/08/19)
  • 中共の対日戦略、自国民を欺く「靖国問題」(06/08/14)
  • 安倍政権の幹事長候補は中川、古賀、久間、額賀の各氏=森前首相(06/08/13)
  • 死体はどこから入手?謎深まる人体標本展=NYT紙(06/08/11)
  • 4―6月期実質GDPは前期比+0.2%、年率+0.8%=内閣府(06/08/11)
  • サッカー=日本がトリニダードに快勝、オシム・ジャパン好発進(06/08/10)
  • 自民総裁選、靖国参拝問題、方針が固めつつ=安倍・麻生・谷垣候補者(06/08/06)
  • 中国人、十万人が日本に帰化(06/08/06)
  • 日本製紙が王子紙のTOB阻止目指す、北越株を10%未満取(06/08/04)