印刷版   

北朝鮮が核実験すれば、国際社会全体で厳しい対応=安倍首相

 安倍晋三首相は、北朝鮮が核実験を実施すると表明したことについて、塩崎恭久官房長官に状況の分析を、小池百合子首相補佐官(国家安全保障担当)に米国のハドレー補佐官と意見交換するよう指示したことを明らかにした。

 そのうえで「北朝鮮は拉致やミサイル、核などの問題で国際社会の懸念に応えなければますます状況は悪くなる」とし「万一核実験ということになれば、私どもとしても国際社会としても断じて許すことはできない。国際社会全体で厳しい対応をすることになる」と述べた。 

また、安倍首相が中国と韓国を訪問する場合には「二国間関係の将来や北朝鮮を含む地域の状況、平和をどう維持するか意見交換したい」と語った。 

 官邸内で記者団の質問に答えた。

[東京 3日 ロイター]

 (06/10/04 07:24)  





■関連文章
  • 北朝鮮外務省、将来核実験を行うと表明=朝鮮中央通信(06/10/03)
  • 首相官邸が5日からメールマガジンとホームページを刷新(06/10/03)
  • 韓国と北朝鮮、北朝鮮ミサイル発射以来初の南北軍事会談を開催(06/10/02)
  • デフレ完全脱却に政府・日銀一体で取り組む=安倍首相(06/10/02)
  • 消費税は全体の税制改革の中で議論=安倍首相(06/10/02)
  • 経済財政諮問会議にはふさわしい人を選びたい=安倍首相(06/09/29)
  • 安倍首相と韓国大統領、早期に会談することで一致(06/09/28)
  • ブッシュ米大統領と緊密な日米関係維持を確認=安倍首相(06/09/28)
  • 6カ国協議の難航、米国が原因=北朝鮮外務次官(06/09/27)
  • 北朝鮮難民救援基金・加藤事務局長「私にたいする逮捕状は、平壌の対日カード」(06/09/25)
  • 北朝鮮情報員、金正日の国際スパイ組織を供述(06/09/20)
  • 東京基督教大学教授・西岡力氏講演、「激動する朝鮮半島」(06/09/20)
  • 対北朝鮮の金融制裁措置、15団体・1個人が対象に(06/09/20)
  • 対北朝鮮の金融制裁措置、15団体・1個人が対象に(06/09/19)
  • 米政府、中国の生物化学兵器開発を懸念(06/09/19)