印刷版   



傷ついたイルカに人工尾ひれのプレゼント

 病気で尾ひれの75パーセントを失ったイルカに、特別に開発された人工尾ひれがプレゼントされた。

 このイルカは、沖縄県本部町にある「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」で飼育されているメスのバンドウイルカの「フジ」。

 人工尾ひれは、獣医とタイヤメーカーのブリヂストンが共同開発したもので、同水族館では、世界で初めての試みと話している。

 水族館の公式サイトによると、フジはリハビリ訓練を続けた結果、贈られた尾ひれを使って、上手に泳いだりジャンプしたりできるようになった。

 [沖縄 14日 ロイター]

 (07/02/16 15:27)