女性が男性に望む6つのこと

2007年03月20日 21時11分
 【大紀元日本3月20日】
1.プレゼントは値段ではなく、真心が大切
 女性からすれば、もっとも嬉しいプレゼントは実用的なもの。決して高価なものである必要はない。ある男性は、様々なバレンタイン・カードを日ごろから集め、妻が落ち込んだ様子を見せたら、1枚のカードを妻が見えるところに置いてあげるという。これによって、妻の落ち込みが解消されるという。

2.女性は自分の美しさを気にする
 女性には明確な褒め言葉が必要である。例えば「今日の髪型、いいね」とか、「赤い服がよく似合っているよ」などなど。このような褒め言葉は、女性にとって励ましとなり、より美しさに磨きをかけようと努力する。精神的にも自信がつき、また相手との愛情も深まるだろう。

3.女性も仕事を大切にしている
 女性は、夫または彼が自分の仕事を重視するように、女性たちの仕事も重視して欲しいと考える。妻が仕事のことについて語る時は、夫にも耳を澄まして聞いて欲しいと考える。勿論、ここでのコミュニケーションがうまく取れれば、夫婦間の愛情もますます深くなる。

4.女性の話に耳を傾ける、辛抱強い男性が人気
 男性の場合、話し合いとは問題を研究し、是非を論じ、解決方法を見つけることであるため、女性の話を途中で遮ることがある。しかし、女性の場合は、ただ自分の気持ちを聞いてもらいたい時があるものだ。そんな時、男性は耳を傾けるだけでよく、意見発表は不要である。辛抱強く話を聞いてくれる男性には、女性は心を開き、のびのびとしゃべり続けるだろう。

5.女性は男性ほど、容易に恋に堕ちない
 女性は結婚相手を選ぶ時、通常は様々な現実的要素を重視する。勿論、女性にとってロマンチックな恋愛感情も大切だが、いざ決断する時には、「この男性と結婚して、本当に大丈夫なのかしら?」と内心、計算しているのだ。従って、男性は責任ある仕事を持つことが必須であるほか、礼儀正しく紳士的で、振る舞いがこせこせしないことも重要だ。また、忠実で頼りになる人柄と道徳を備えればベストである。

6.女性は夫と友人関係でいたい
 夫は妻に対して、自分の長所を尊敬し、短所を大目に見て欲しいと考えるが、女性もまた夫に対して同様に考える。簡単に言えば、女性が必要とする夫像は、友人であり、恋人であり、その女性を一番分かってくれるよき理解者なのだ。

関連キーワード
^