病気治療には運気も関わる

2007/03/15 22:24
 【大紀元日本3月15日】現代科学の理論に染まった人々にとって、病気治療と運気の関わりは理解しがたい問題である。病気治療中に発生する良し悪しの結果は、習慣的に偶然のことだと思われる場合が多いが、必然ではないと証明することができないのも、事実である。この問題に関して、米国コロンビア大学の医学と公共健康学のバロン・レーネル教授は、ニューヨーク・タイムズ(2006年9月19日)に自分の考えを次のように述べた。

 多くの患者は、医療を求める過程で一つの重要な問題を無視している。つまり、患者にとって、ある種の治療方法がうまく効果を発揮するかどうかは、その人の運気にかなり左右されるということである。認めるかどうかは別にして、運気は確かに一つの重要な要素である。たとえば、癌のような病気では、非常に複雑な遺伝や環境要因などが絡んでおり、同じ癌であっても、人が違えば、症状の表われや治療効果が大きく異なる。これに対して、現代医学ではさまざまな解釈方法があるが、多くの場合は「天命」に任せるしかない。

 このような例は、現実の生活の中でたくさんある。典型的な例としては、アメリカの自転車プロロードレース選手のランス・アームストロングがいる。彼が癌(精巣腫瘍)と診断された時、腫瘍はすでに脳を含む全身に転移していた。しかし、その後、彼の健康状況は悪化することもなく、ツール・ド・フランス競技大会で前人未到の7年連続総合優勝(1999年~2005年)を達成した。多くの人は、この素晴らしい成績が医学治療によるものだと思っているが、同じ病気に罹った他の患者は、同じ治療を受けていたにもかかわらず、ほとんど助からなかった。

(周正)
注目記事
^