印刷版   

4月24日、ムンバイ外為市場でインドルピーが対米ドルで9年ぶりの高値を更新。写真はムンバイのルピー紙幣を数える外為ディーラー。2004年3月撮影(2007年 ロイター/Punit Paranjpe)

インドルピーが9年ぶり高値に上昇、1ドル41.575ルピーを突破

 インド準備銀行(中央銀行)による金融政策決定を控えた24日のムンバイ外為市場で、インドルピーが対米ドルで上昇、9年ぶりの高値を更新した。投資家は、同国へ新たな資本が流入するとみている。

 0434GMT(日本時間午後1時34分)現在、ルピーは1米ドル=41.55ルピーと、1998年5月以来の高値をつけている。23日の終値は41.67/68ルピーだった。

 [ムンバイ 24日 ロイター]

 (07/04/24 14:40)  





■関連文章
  • 日本の格付けを引き上げ、財政再建や構造改革を評価=S&P(07/04/24)
  • 資産運用業界の就業人口が1万人に迫る、市場拡大で過去最高に(07/04/18)
  • 中国、基準金利を再度引き上げる必要―有力エコノミスト=地元紙(07/04/16)
  • G7で円安を問題視する発言出ず、金融政策運営は声明と整合的(07/04/14)
  • インドネシアとカンボジアで、鳥インフルエンザ患者が相次いで死亡(07/04/12)
  • 短観で労働需給タイト化、賃金・物価への波及で政府・日銀にギャップ(07/04/03)
  • インド・ボンベイでファション・ショー(07/03/30)
  • ロイター個人投資家調査:世界同時株安で6割が損失出す(07/03/26)
  • インドで「血を流す」キリストの絵が話題に(07/03/22)
  • 6カ国協議は事実上休会、北朝鮮の金外務次官は帰国の途に(07/03/22)
  • インドネシア:鳥インフルエンザ感染、66人目の死亡症例(07/03/21)
  • 速報:賈甲氏、釈放される(07/03/16)
  • 7分ごとに、妊婦1人が合併症で死亡=インド(07/03/16)
  • インドの警察、新制服は「花の香り付き」(07/03/15)
  • エジプト・インドネシア:鳥インフルエンザH5N1型の感染者が続出(07/03/13)