印刷版   


英政府、英兵拘束問題解決に向けイランに直接対話を提案

 英政府は3日、声明でイランによる英海軍兵士ら15人の拘束問題の解決に向けて、2国間の直接対話を提案したことを明らかにした。2日にはイランのラリジャニ最高安全保障委員会事務局長が、2国間の外交的な交渉が問題の早期解決につながるとの見方を示していた。

 英国側は3日、ラリジャニ局長を含むイラン側に接触、提案の回答を待っているという。

 声明は「(ブレア)首相は、直接対話を通じたこの問題の早期解決を望む考えを両国が共有していると確信している。首相は引き続き、外交的な方法による問題解決に注力していく」としている。

 ベケット英外相もこの日先に、「われわれはイランとの対立を望んでおらず、外交手段による解決を目指している」と述べていた。

 イラン側は3日、この問題について、英国側が、英海軍兵士らがイラン領海域に不法侵入したことを認めるなどすれば早期に解決する可能性があるとの見解を示した。

 イラン軍は3月23日、ペルシャ湾北部で商業船の臨検にあたっていた英海軍兵士ら15人を拘束した。

 [ロンドン 3日 ロイター]

 (07/04/04 16:46)  





■関連文章
  • イランによる英兵拘束問題、解決に向け今後48時間が重要=英首相(07/04/04)
  • 元FBI捜査官がイランで行方不明、米国が調査要請(07/04/03)
  • イラン大統領、英政府に謝罪要求=通信社(07/04/01)
  • 国連安保理、イランの英兵拘束問題で「早期解決求める」声明発表(07/03/30)
  • イランが女性兵士解放を延期、英国は国際的な支持求める(07/03/30)
  • イランが英兵の映像放映、英国はイランとの公的接触を凍結(07/03/29)
  • イランに拿捕された英兵のボート、イラク領海内にいた記録=英国防省(07/03/29)
  • イランが英兵士解放しなければ「別の段階」に進む=ブレア首相(07/03/28)
  • 米海軍、イラン軍がペルシャ湾で米艦艇に発砲とのうわさを否定(07/03/28)
  • 金現物が上昇、イラン核問題めぐる緊張の高まりで(07/03/26)
  • 国連安保理、対イラン追加制裁決議案を採択(07/03/25)
  • 主要6カ国、イランへの追加制裁決議案で正式合意(07/03/16)
  • 上海、134年ぶりの暖冬(07/03/03)
  • 10日にイラク安定化国際会議を開催=首相(07/03/01)
  • イラク情勢安定化めぐる会議、米英とイラン・シリアが参加へ(07/02/28)