印刷版   

4月の米検索市場、首位グーグルがシェア拡大

 4月の米国オンライン検索市場で、首位グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報 , レポート)のシェアが前月から1.4%ポイント拡大し、49.7%となった。独立系ネット利用状況調査会社コムスコアが25日に発表した。

 一方、2位ヤフー(YHOO.O: 株価, 企業情報 , レポート)は前月比0.7%ポイント減の26.8%、3位マイクロソフト(MSFT.O: 株価, 企業情報 , レポート)が同0.6%ポイント減の10.3%となり、首位グーグルとの差がさらに広がった格好。

 また4位IAC/インタラクティブコープ(IACI.O: 株価, 企業情報 , レポート)のアスク・ドットコムが前月比0.1%ポイント減の5.1%となっており、2─4位が落とした市場シェアの合計(1.4%ポイント)が、グーグルのシェア拡大分と一致している。

 グーグルのシェア拡大はこれで24カ月連続。1.4%ポイントの伸びは、2006年11月の1.5%ポイントに続く高い伸びとなる。

 
[サンフランシスコ 25日 ロイター]

 (07/05/28 09:24)  





■関連文章
  • EU助言機関、グーグルの利用者検索情報保持めぐり警告(07/05/26)
  • 米政府人権報告書:中国ネット情報統制による人権悪化(07/05/01)
  • 米人権団体、ヤフーを提訴(07/04/28)
  • グーグル地球村、ダルフール・ジェノサイドのネット博物館設立(07/04/17)
  • グーグルアース、軍事機密漏洩で各国から非難(07/01/28)
  • 世界最大手ネット・オークションのイーベイ、中国のサイトを閉鎖(06/12/23)
  • 拘禁中の中国人ジャーナリスト、世界新聞協会の報道自由賞受賞(06/12/04)
  • 中国、インターネットの敵国トップ2にリスト=国境なき記者団(06/11/12)
  • 国境なき記者団=ネット検閲国に抗議、24時間オンラインデモ計画(06/11/07)
  • 昨年1年間32人が逮捕・投獄、中国、報道関係の逮捕者数世界一(06/11/04)
  • スパイウェア横行、架空請求で訴えられる中国ポータルサイト=ニューズ・ウィーク誌(06/10/25)
  • 中国ネット業界「虎同士の戦争」=フォーチュン誌(06/10/24)
  • ウィキペディア百科事典、中共の検閲協力拒否(06/09/20)
  • 英国議会=中共の情報封鎖に協力するネット企業を批判(06/08/20)
  • 中共政権のネット情報封鎖にノーを= 国際人権団体(06/08/14)