印刷版   

北朝鮮のミサイル発射は「定期訓練」=米政府

 米ホワイトハウスは、北朝鮮が25日に短距離ミサイルを数発発射したことについて「定期訓練」との見方を示した。北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表を務めるヒル国務次官補も、日本や韓国同様、今回の動きを重要視する姿勢を見せていない。

 国家安全保障会議(NSC)のジョンドロー報道官は「定期訓練とみられる」と述べた。

 [ワシントン 25日 ロイター]

 (07/05/26 14:25)  





■関連文章
  • 南北朝鮮の縦断鉄道、56年ぶりに試運転開通(07/05/19)
  • 金正日総書記の異母弟「金平日」の消息(07/05/14)
  • イランと北朝鮮、2国間関係強化で合意=イラン学生通信(07/05/14)
  • 2007年報道自由度、世界的に悪化(07/05/07)
  • 北朝鮮追加制裁、場合によっては検討=首相(07/05/03)
  • 日米首脳会談、北朝鮮が約束守らなければ厳しい姿勢で一致(07/04/28)
  • 攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官(07/04/27)
  • 6カ国協議失敗なら、北朝鮮がさらに核実験の可能性=米軍司令官(07/04/25)
  • 北朝鮮は凍結解除された資金を未回収、他行に移管希望=米当局者(07/04/20)
  • 北朝鮮、核施設稼動停止作業開始の兆候無い=米高官(07/04/18)
  • 北朝鮮、核施設の停止作業開始した可能性=韓国メディア(07/04/17)
  • 北朝鮮が朴首相を更迭、後任は金英逸氏=KCNA(07/04/12)
  • ロシア、イランのブシェール原発近くでのミサイル訓練を批判(07/04/12)
  • マカオ当局が北朝鮮関連口座の凍結解除、「初期段階措置」履行に懸念(07/04/11)
  • 北朝鮮、凍結資金の返還なければ核施設停止せず=NBC(07/04/10)