出産経験女性が乳がんに罹りにくい原因を究明=米最新研究

2007年10月10日 01時00分
 【大紀元日本10月10日】ワシントン大学とシアトルのフレッド・ハッチンソン(Fred Hutchinson)癌研究センターの研究チームの研究では、出産経験のある女性は乳がんに罹りにくいという。その理由としては、胎児が持つ強い防御能力のある微細胞複合体が母体に移るため、母体の乳がん発生に予防作用を発揮していると考えられている。この研究報告は10月号の「腫瘍研究」という専門誌に発表された。

 研究チームは、胎児の微細胞複合体が母体へ移ることを仮定して、82人(35人の乳がん患者を含む)の女性を対象に、子供のDNAを持っているかどうかを調べた。母体からは女児のDNAより男児のDNAのほうが特定しやすいため、今回の研究は、男児のDNAだけを調査対象にした。

 調査結果では、82人の女性のうち、乳がん患者の35人の女性の血液中に男性DNAが含まれているものは14%に対して、乳がんに罹っていない女性の血液中に男性DNAが含まれているものは43%だった。

 研究チームの代表者は、「われわれの仮説では、胎児の細胞は母体に入ることができ、がん細胞になる可能性のある細胞を識別し、がんになる前に消滅させることができる」と説明した。

 さらにこの代表者は、胎児の幹細胞は母体に入って、異なる組織の中で分化し、母体とともに生きて、乳がんの侵害から母体を守る役を果たしているとの見解を示した。

(翻訳・豊山)


関連キーワード
^