特売品に顧客殺到、将棋倒し死者4人、負傷者30人=中国四川省

2007年11月16日 11時28分
 【大紀元日本11月16日】11月10日に中国四川省重慶市「家楽福スーパーマーケット」沙坪壩店は、開店10周年の記念に食用油特価販売を行ったため、大量の客が殺到し将棋倒し事故が発生した。死者4人、負傷者30人が出た模様。殺到した民衆は殆どが低収入者および年配者である。

 「華西都市報」によると、ここ数年間、中国国内の物価が高騰したため、低収入者らが、特売品食用油を入手しようと大勢がスーパーに殺到し、事故が発生した。実際、7月に四川省成都市のスーパーマーケットがタマゴの促進販売の時も将棋倒し事故が発生し、10月に上海の宝山楽スーパーマーケットで安価な豆油を買占めるために争った顧客の将棋倒しが相次いだ。生活コストが上昇し続ける半面、収入はまったく上がらない民衆は、必然的に生活コストの減少を図り、それが安価なものを買占め、将棋倒しの事故が相次いだ原因の1つであるとみられる。メディアによると、11月7日に瀋陽での調査結果、コーンオイルは10日前の価格より8・3%にも上がったという。

 一方、将棋倒しで怪我をした雷西兵氏は、「足を動かすスペースもまったくなかったため、後ろから前へ押してきた勢いで倒れてしまった。倒れたときは両手で地面を支えるのではなく、関節が直接に地面にぶつかった。自分の身体の上に倒れてきた人の重さで、息ができなくなった」と当時の状況を説明した。

 スーパーの上の階にある電気商品店の販売員・馮蛟氏によると、階段には幾層もの人が重なっており、まるで映画の中でのアクロバットのようだとし、踏み潰されて流血した人もいたという。また、怪我した張忠栄氏の胸も強く押されて赤くなっていた。目撃者によると、スーパーの中で、場内で食用油を販売する販売員は人群れに向かって、商品を投げ出す方法で、民衆が争い奪い取ろうとしたときに事故になった。一部の市民はそのために、頚椎と腰に異なる程度の怪我を負い、病院に運ばれた。

 ある女性住民は、物価が高騰しているに対して月給は200元(約3,080円)しかないことから、生きるために特売品売り場に走らざるを得ないと訴えた。

 一方、特売品と対照的に11月9日より鄭州及び上海にて、小型飛行機、クルーザ、ロールスロイス、有名宝石や時計、プラダ、ルイ・ヴィトン、豪邸など総額数十億元(約数百億円)の贅沢商品の展示会が開かれた。

 生活必需特価品を買い求めるために命も惜しまない低収入者、一方では贅沢な生活を極める富豪ら、中国大陸における貧富の二極化を物語っている。

 
(翻訳/編集・余靜)


関連キーワード
^