印刷版   

北京:学業に興味ない大学生3割超

 【大紀元日本2月22日】北京大学教育経済研究所の調査によると、「学業に対する興味がない」北京の大学生が35・9%もいることがわかった。また、中国部属と市属大専学院(大学と専門学校)で、「学生の学習に対する積極性が低い」ことを認識している教師は、それぞれ42・7%と60・3%に上るという。

 北京「新京報」によれば、今回の調査は層化抽出法によるもので、調査結果を整理した同研究所副教授・鮑威氏は、学業に興味のない学生の比率は高く、高等教育において解決しなければならない重要な問題と話している。

 この他にも調査では大学や専門学校の募集拡大が原因で、北京大専院校の学級やクラス規模が大きくなり過ぎ、教師の人員不足と教師が研究を重視し、教えることを軽視するという状況が現れていることが明らかになった。

 調査を受けた52%の教師は「教師数が不足し、一人あたりの負担する仕事量が大きい」と考えており、35・6%は同大専院校に「教師が研究を重視し、教えることを軽視している」という現象が存在することを認めている。

 また、調査では「自分の経済と生活面においてストレスを感じる」という項目に60%の教師がイエスと答えており、ノーと答えた教師は10%だけであった。

 
(翻訳・坂本、編集・月川)


 (08/02/22 16:14)  





■関連文章
  • 日本のブランド米、中国市場で大人気(08/02/22)
  • 英国オリンピック委員会、中国当局非難禁止を選手に要求(08/02/14)
  • 最高裁判所付属陳情窓口で、直訴者暴力によって死亡=北京(08/02/09)
  • 英チャールズ皇太子、北京五輪不参加(08/02/09)
  • 北京五輪:中国当局、スパイ罪で服役中の香港人記者を釈放(08/02/06)
  • 中国都市部の結婚費用調査、上海がトップの2400万円(08/02/05)
  • 北京五輪の深刻な支出の背後(08/02/05)
  • 五輪控える北京の空港、定時離陸率は世界ワースト2位=米誌(08/01/24)
  • 中国でポルノ取り締まり、4.4万サイトを閉鎖(08/01/24)
  • 北京五輪が直面する難題、食品の安全性(08/01/24)
  • 北京五輪「8888」に隠れている天意(08/01/23)
  • 北京唯一の禁煙レストラン閉店寸前(08/01/21)
  • オリンピア周辺造林作業遅れ、五輪採火延期か=ギリシャ(08/01/20)
  • 中国の大学生、学費を株投資につぎ込んでいる=大学(08/01/16)
  • 五輪控え再開発進む北京、さらに数千世帯が移転へ(08/01/10)