印刷版   

2月6日、中国では春節、アジアの慎重な投資家は、グラフやチャートのみならず、干支や風水による占いも投資判断に採用。北京で撮影(2008年 ロイター/Claro Cortes IV)

干支や風水の占い師、ネズミ年の株式相場を予想

[シンガポール 6日 ロイター] 中国では春節(旧正月)を迎えて干支がネズミに替わるが、アジアの慎重な投資家は、グラフやチャートのみならず、干支や風水による占いも投資判断に採り入れている。

 米景気後退懸念を背景とした世界同時株安からの反発を期待する投資家にとっては悪いニュースだが、占いの専門家らは、ことしの株式市場は暗い年になると予想している。

 シンガポール風水センターのビンセント・コウ氏は「ネズミは1年の最後に活動的になり、ネズミの水の要素が株式市場を冷やすことになる」と語った。

 香港やシンガポールでは、企業が風水専門家に経営戦略から内装デザインなどあらゆることで助言を求めるなど、占いは極めて真剣に受け止められている。香港ディズニーランドでは、風水専門家の助言によって入場口の角度が変えられたこともある。

 CLSA証券が顧客向けに出した風水メモでは、株式市場は5月から8月にかけて上昇し、米ドルは弱い基調が続くと予想されている。

 また、香港の風水専門家レイモンド・ロー氏は、ネズミ年のことしは風水で言う「地」や「金属」の要素に関係ある企業が躍進すると予想。不動産や鉱山、金に関連する銘柄への投資を勧めている。同氏によると、ネズミ年に強くなる「地」と「水」の要素が、相場に影響力のある「火」の要素を弱め、ことしの株式市場は多くの調整が入るとしている。

 一方、マレーシアの風水専門家は、東南アジアの株式市場について、出だしの混乱を抜ければ安定すると楽観視。「ことしの全般的な概念は大地からの萌芽のイメージであり、始まりは厳しい」としている。

 (08/02/07 10:53)  





■関連文章
  • 南米で発見された巨大ネズミの化石(08/01/19)
  • 100年以来最低水位、長江緊急態勢=中国(08/01/17)
  • 2007年災難に見舞われた中国(08/01/03)
  • 【ショートストーリー】意地悪な風水師(07/12/06)
  • 写真報道:中国各地洪水、ネズミ被害拡大(07/07/15)
  • 中国:暴雨・洪水災害深刻、ネズミ被害甚大(07/07/14)
  • 中国湖南省:洞庭湖区野ネズミ駆除、225万匹捕(07/07/12)
  • 中国中南部:暴雨で101人死亡(07/07/11)
  • 中国のマクドナルド、ネズミにかまれた客に賠償金支払いへ(07/06/11)
  • 中国官僚、人事異動で風水師に殺到(07/05/20)
  • 米国:ペット・フードで犬猫大量死、中国由来輸入原料から有毒成分検出(07/03/27)
  • 香港風水師が「亥年」を予測、易卦「火水未済」(07/02/21)
  • 香港の風水専門家「来年の相場は荒れ模様に」(06/12/22)
  • 上海:東方航空エアバス、飛行中にネズミ騒動(06/06/26)
  • 中国風水、戌年の行方を予測(06/02/15)