印刷版   

爆竹に火を付けて旧暦正月を祝う北京の人々(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)

北京:爆竹による事故100件近く発生、1人死亡76人負傷

 【大紀元日本2月8日】旧正月大晦日(2月6日)、北京では爆竹が鳴り響き、賑やかに新年を迎えた。しかし、大小90件以上の事件、火災が発生し、一夜明け1人の死亡と76人の負傷が確認された。

 今年は北京が爆竹禁止を制限付きで許可すると改めてから3年目で、北京市当局は40万人以上の保安職員を出動、消防局も二級防衛策方案を始動し災害に備えた。

 報道では、昨晩北京の海浜区にある爆竹商店の棚が、近くに投げられた爆竹で引火、火災となった。そのすぐ後、近くの住宅区でも酔った住民が家の前で爆竹に火をつけたところ、誤って自分に引火し重傷。病院へ搬送されたが死亡したと伝えている。

 市府当局によれば、爆竹を鳴らした全体の状況から言えばおおよそのところでは平穏であり、大火災にもならなかったため被害は昨年よりも少なかったとのこと。

 
(翻訳・坂本)


 (08/02/08 05:18)  





■関連文章
  • 不法運営されていた中国の花火工場で爆発事故、9人が死亡(08/01/22)
  • 中国天津:地元有力者の横暴ぶり、大学生らが抗議の暴動(07/12/30)
  • AFP社:最も印象的な写真2007(2)(07/12/22)
  • 中国山西省:炭鉱で爆発事故、105人以上死亡(07/12/09)
  • 三峡ダム地区:落石事故で31人死亡(07/11/29)
  • 中国各地炭鉱事故相次ぐ、死者7人、20数人(07/10/30)
  • 驚くべき中国の世界ランキング(07/10/10)
  • 幼稚園児260人食中毒、管理責任問われる政府当局=中国甘粛省(07/09/23)
  • 中国で炭鉱に閉じ込められた兄弟、石炭と尿で生存(07/08/29)
  • 中国で頻発する炭鉱事故、死亡率は日本の252倍(07/08/27)
  • 山東省炭鉱事故:自然災害とする当局に非難高まる(07/08/25)
  • 故ダイアナ元妃、没後も英王室に影響及ぼす(07/08/24)
  • セ氏900度のアルミニウム溶解液漏出、死者14人負傷者59人=中国山東省(07/08/22)
  • 中国山東省:洪水で炭鉱浸水、作業員172人行方不明(07/08/19)
  • 完成直前の大橋が倒壊、多数の死傷者=中国湖南省(07/08/15)