印刷版   

地球温暖化ガス、中国製品輸入国にも責任=中国環境問題・高官発言

 【大紀元日本3月19日】中国当局の中央機構「国家発展・改革委員会」の高官がこのほど、中国製品を輸入する国々も、生産活動による地球温暖化ガスの排出に責任を負うべきであると示した。

 日本、欧州連合、米国と共同開催の会合に参加するため、ワシントンを訪れた中国の環境問題を主管する高官・李高氏はその席で、「中国が排出した排気ガスのうち、15%から25%あまりは、わが国が世界のために生産した製品に由来する。この部分は我々の責任ではない」と発言し、製品の主な消費者である先進国の責任を示唆した。

 今回の会合は今年、年末にデンマークのコペンハーゲンで開かれる国際環境会議の準備のために行われた。その際、「京都議定書」に代わって、地球温暖化防止に関する新たな国際公約が作成される予定。先進国の間では、中国やインドなどの発展途上大国に温暖化ガスの削減を求める声が根強い。

 欧州連合の環境問題の責任者ルンガ・メンズゴ氏は、李高・中国代表の上記の主張を受け入れれば、その他の国々が自国の国境外の温暖化ガスの排出管理を立法化できるようになり、司法管轄権の行使にも関連してくると指摘した。現時点の議論の焦点は、各国が自国内の温暖化ガスの排出問題に全責任を負い、自己の監督・管理を強化することである、と述べた。

 日本外務省の環境問題の審議官・杉山晋輔氏は、2009年は新たな地球温暖化防止の世界協議を制定する重要な年であるとの見解を示し、「京都議定書」に中国や米国などの国が参加しなかったような失敗を繰り返してはならないと示した。

 中国と米国はともに『京都議定書』の署名国ではない。その一方で、中国は米国に代わって世界最大の温暖化ガス排出国となった。

 
(翻訳編集・叶子)

 (09/03/19 07:18)  





■関連文章
  • 宇宙人はすでに地球上に生存している(09/02/25)
  • 2009年、史上最高気温の更新可能=英研究報告(09/01/11)
  • NASA公開写真、2008年『地球カレンダー』(08/12/30)
  • 農民環境保護活動家が温家宝総理を告訴、北京市裁判所受理せず(08/11/14)
  • 温暖化、5千年来最悪の気候変動(08/11/09)
  • 42億8千万年前の最古の岩石発見(08/09/29)
  • 地球温暖化:ヒマラヤ山脈水源、脅威に直面(08/08/25)
  • 魚の乱獲でクラゲが増加=欧科学者(08/06/26)
  • 地球に似た惑星を発見=欧州(08/06/20)
  • 世界8分の1の鳥類 絶滅の危機に直面(08/05/21)
  • 中国のCO2排出量、過去の予測より最悪=米研究(08/04/21)
  • 太陽系外に地球に似た惑星発見=スペイン(08/04/14)
  • 地球を見る=10大衛星写真(08/04/13)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 日本の研究チーム、「折り紙」飛行機を宇宙から地球へ(08/02/08)