印刷版   

2社の中国メーカーは、汚染薬品成分を輸出したとして、米FDAから警告を受けた(Getty Images)

汚染された中国製薬品、米国でアレルギー反応と死者

 【大紀元日本4月27日】米国食品薬物管理局(FDA)は最近、中国のヘパリン製造メーカー、「青島九龍生物製薬有限公司」と「上海第一生化薬業有限公司」に警告の書簡を送った。この2社は2007年から2008年にかけて、米国に汚染されたヘパリン・ナトリウムを大量に輸出したとされている。米国内において、同成分を投与した患者はアレルギー反応を起こしたり、死亡したりする事案が報告されているという。

 米議会は、同機構の監督責任は不十分で、同汚染問題をずっと完全に解決していないとして、FDAの対応を強く非難した。

 ヘパリンは、腎臓透析または、心臓手術の際に投与する抗凝固剤によく使われている。通常は豚の腸から採取される。

 米FDAは、ヘパリンを注射後、アレルギー反応を起こす事案、または患者が死亡したとの報告を受けている。上記のメーカーの製品であるかどうか、不詳である。上記2社の中国メーカーは、カリフォルニア州のAmphastar Pharmaceuticals社とその子会社International Medication Systems社にヘパリンを輸出していた。

 今回、FDAは初めて中国メーカーが汚染ヘパリン事件に関与している、と公表した。

 FDAの調査によると、中国製のヘパリンは、過酸化されたコンドロイチン硫酸に汚染されている。FDAは2008年7月と8月、中国の工場に調査員を派遣、現地調査を行った。それにより、これらの汚染ヘパリンのメーカーは「青島久龍生物製薬公司」と「青島康原薬業公司」であり、商標を不正に変更してから米国に輸出したことを突き止めた。一方、「上海第一生化薬業公司」はFDAに、ヘパリンの中国製造メーカーに関する「虚偽な情報」を提示したとされている。

 米議会での公聴会では、FDAの代表は証言陳述を行い、汚染されたヘパリンを製造する中国メーカーは12社に達するとし、詳しいリストの開示を拒否した。

 近年、続発する中国製品の有毒問題に対応するため、米FDAは中国とインドで現地事務所を開設する予定。今夏までに、中国に常駐検査員4人を派遣する方針。

 
(記者・林文、翻訳編集・叶子)


 

 (09/04/27 05:34)  





■関連文章
  • 平均寿命81・28歳、老齢化進む上海(09/04/26)
  • 欧州議会、法輪功弾圧問題に関する公聴会開く(09/04/17)
  • 中国核実験、32年間で46回も(09/03/28)
  • 地球温暖化ガス、中国製品輸入国にも責任=中国環境問題・高官発言(09/03/19)
  • 英「オアシス」中国ツアー、公演許可突如取り消し(09/03/09)
  • 中国人ジャーナリスト:中国の食品汚染、「道徳汚染」が起因(09/03/07)
  • 河水汚染で魚が大量死=広東省(09/02/25)
  • 珠江デルタ:年間スモッグ日数238日、憂慮される大気汚染(09/02/20)
  • 口蹄疫流行か、乳牛41頭が集団発症=上海(09/02/14)
  • 上海市洋山深水港で爆発事故発生(09/02/09)
  • 旧正月前の上海市公安局、自爆事件発生(09/02/06)
  • 深刻な環境汚染、身体に欠陥のある乳児が激増=中国(09/02/03)
  • 基準値の10倍、深刻化する大気汚染=香港(09/01/30)
  • 上海公安局前、爆発事件発生(09/01/27)
  • 塵に包まれる東洋の真珠・香港、上昇する大気汚染指数(09/01/08)