印刷版   

楽しくなろう

著者:何権峰

 【大紀元日本9月20日】

 
大部分の人が楽しくなろうと決心すれば、楽しくなるのだ――リンカーン


 ある悲観的で人生に飽きており、毎日文句ばっかりいう80歳台の老人は、どんなことも自分を楽しくさせることはなかった。しかし、ある日、老人はとても楽観的で喜びに満ちる朗らかな人にガラリと変わった。

 友人は不思議に思い老人に聞いた、「あなたをここまで大きく変化させた原因は何でしょう?」

 老人は、「私のこれまでの人生では、いつもイライラして気持ちが乱れており、個人の損得にばかり拘っていた。何故なら、私は何かを求め得ようと思っているが、いつも得ることはできなかったからだ。そこで、私は、求め得ようと思う気持ちを捨て、得ようとした物は自分のものにならなくても、自分は楽しくなると決心した。そして、本当に楽しくなったのだ」と話した。

(翻訳・豊山)


 (09/09/20 05:00)  





■関連文章
  • リンカーン大統領が示した寛容の力(09/07/01)
  • 若さを保ちたい貴女へ(09/06/02)
  • 百歳の夫、68年の純愛(09/04/01)
  • 伝統的価値観に則り、責任を果たす=第44代米大統領誕生(09/01/21)