印刷版   

ワシントンD.C.にある大学で講演するゼーリック世界銀行総裁(PWin McNamee/Getty Images)

「ドル基軸、当然視は間違い」=ゼーリック世界銀行総裁

 【大紀元日本10月1日】ゼーリック世界銀行総裁は、世界金融危機を経て経済秩序が新たに構築されるなか、基軸通貨としてのドルの地位を「当然視すべきではない」と指摘した。28日の米ワシントンでの講演で示されたもので、同総裁は、前日の27日に、内容の抜粋を世銀でも公開している。

 同氏は欧州中央銀行(ECB)の最近の傾向と、中国人民元の国際化拡大などに触れ「今後、ドル基軸以外の選択肢が次々と出てくる」と指摘し、さらに、過去20年間の経済環境の流れを説き、今回の金融危機は(経済秩序を立て直す上で)「絶好の機会であると同時に20世紀に構築された国際金融システムを動揺させる」と分析した。

 また、米政府の要職を務めたかつての有力者として、米国の金融規制改革については、独立性の強い専門家から成る米連邦準備理事会(FRB)に権限を移譲するより、米財務省が金融規制当局を束ねることが、危機管理体制を整える上で適当であるとの考えを示し、オバマ政権は財政赤字の縮小や、経済・金融政策で国際協調を図ることが重要と指摘した。

 一方、ガイトナー米財務長官は24日、ドルの基軸通貨としての地位を維持する考えを発表している。

(西村)

 (09/10/01 08:49)  





■関連文章
  • 台湾大陸委員会、中国の雇用率統計に疑義(09/09/28)
  • EU商工会議所会長 「中国当局は、外資系企業への規制を強化」(09/09/10)
  • 中国経済回復に関する不安定要素(09/09/03)
  • バーナンキFRB議長楽観論、欧米株式市場上昇(09/08/23)
  • 北京学者: 中国経済が直面する7つの難題(09/08/21)
  • 中国における上半期の賃金上昇への疑義(09/08/14)
  • 中国国務院、外国金融情報提供企業の報道取材を禁止(09/05/04)
  • 豚インフル感染拡大:世界経済回復を打撃、強まるリスク回避の円買い(09/04/29)
  • 国有大手企業の従業員3百人、給料未払いでストライキ=重慶(09/04/16)
  • G20:緊急支援枠1兆ドル超の確保で合意、世界主要株市場が好感し株価が上昇(09/04/05)
  • ロシアで再び反政府デモ(09/03/15)
  • 英「オアシス」中国ツアー、公演許可突如取り消し(09/03/09)
  • 米著名投資家ソロス氏、世界金融システム崩壊、解決法なし(09/02/23)
  • 世界金融危機で、香港百万長者16%減(09/02/22)
  • 国際経済学者:中国のGDP伸び率はほぼ0%近い、政府は中国経済の実態を隠蔽(09/02/19)