印刷版   


【私の一枚】 迎春

 【大紀元日本2月4日】昇龍に見えませんか。2012年壬辰(みずのえたつ)も立春を迎えた岡山半田山植物園の傑作です。

 石を頭に見立て、赤と青の実で目を付け、長くくねった胴体は「龍の髭」の群生。風になびく髭は「龍舌蘭」の葉、横に伸びる鋭い爪は「龍爪槐(枝垂れエンジュ)」の枝です。勇ましい龍が愛嬌のある姿に変身しました。

(文と写真=吉備)


 (12/02/04 07:00)  





■キーワード
私の一枚    


■関連文章
  • 東洋と西洋における龍の違い(12/02/01)
  • <赤龍解体記>(50)2012年の中共の政治情勢を予測するためのいくつかの要素(三)(12/01/30)
  • 【私の一枚】 見よ、クレーン組立て中(12/01/23)
  • <赤龍解体記>(49)中共2012の政情を占ういくつの要素(二)(12/01/23)
  • 【私の一枚】 雪やこんこ リスさん、こんにちは(12/01/21)
  • <赤龍解体記>(48)中共2012の政情を占ういくつかの要素(一)(12/01/16)
  • 中国崑崙山の仙人(10) 豢龍人(12/01/16)
  • <赤龍解体記>(47)北大教授「中共改革はすでに死んでいる」(三)(12/01/09)
  • <赤龍解体記>(46)北京大教授「中共改革はすでに死んでいる」(二)(12/01/02)
  • 【私の一枚】 もうすぐこの景色ともお別れ(11/12/31)
  • <赤龍解体記>(45)北京大教授「中共改革はすでに死んでいる」(11/12/26)
  • 【私の一枚】 もしかして…(11/12/24)
  • <赤龍解体記>(44)中共、次期首相をめぐる情報戦(11/12/19)
  • 中国崑崙山の仙人(7) 応霊(11/12/19)
  • 【私の一枚】 『エンジェル』探して三千里(11/12/17)