訪中予定のスーチー氏 外交部の反対に習近平総書記激怒か

2015年06月09日 17時54分
【大紀元日本6月9日】ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)の党首であるアウンサンスーチー氏が10日から14日まで中国共産党の招きで代表団を率いて訪中する予定。一部報道によると、同国民主化運動の指導者でノーベル平和賞受賞者である同氏の訪問をめぐって、中国政府内部で意見が分かれ、「習近平総書記が激怒した」という。

 中国共産党中央対外連絡部は5日、公式サイトで今回の訪問を発表した。

 海外の中国ニュースサイト「博聞社」によると、中国外交部が同氏への訪問招待に「否定的な態度」を示したため、習近平総書記が激怒し、通常なら外交部が主催するこの行事を、前出の党中央対外連絡部に任せ、そして「招待だけでは不十分だ、しっかり宣伝しなさい」と内部に命令したという。

 スーチー氏にとっては初の中国訪問である。国民民主連盟の幹部によると、訪問中に習・総書記、李克強・総理との会談が予定されている。

 同氏は、ミャンマー軍事政権により1989年から2010年まで断続的に自宅軟禁下に置かれ、1991年にノーベル平和賞を受賞、2012年に同国連邦議会補選に当選、そして今年11月に予定される大統領選への出馬を表明している。

(翻訳編集・叶子)
関連キーワード
^