THE EPOCH TIMES

中国ガン村の惨状 あるボランティア女性の報告

2011年08月06日 09時14分

 マレーシア在住の中国系女性・唐米豌さんは2002年からの7年間、中国のガン村で患者を支援するボランティア活動を続けてきた。2009年、彼女がガン村の惨状をまとめた文章を発表して以来、中国政府のブラックリストに載せられて、入国禁止となった。唐さんは、「この7年間、私は命の尊さを真に理解できた。そして、自分は以前どれほど贅沢だったか、どれほど浪費していたかを思い知らされた」という。

 以下は彼女が明らかにした内容の概略である。
 

**********************************


 中国には200か所以上のガン村が存在するといわれている。私は広東省の医療チームに同行して、河南省の30か所のガン村を訪れていた。これらは皆外国人が立ち入り禁止の地域であり、一部の村の入り口には柵が設けられており、村に入っても勝手に質問したりしてはならない。むろん写真撮影は絶対禁止。ただ、中国人の顔を持つ私は真相を知ることができた。

 中国の農村部を歩き回って7年間、私が最も驚いたのは、極貧村でもなければ、江西省での地震でもなく、ガン村の現状である。

 湖北省には唐河という河があり、河南省の区域に入る

ガン大量発症の元、汚染された唐白河(唐米豌さん提供)


と唐白河と呼ばれた。川沿いには200か所以上の村があり、各村の世帯数は200余りで、人口は約1千人。そこの外資系企業の工場が汚水を川に垂れ流しているため、唐白河全流域がひどく汚染されている。沿岸の村の人々はその川の水で生活しているため、多くの村民が末期ガンを患っていた。

 医療チームの女性看護師は、一度その川の水で手を洗っただけで、指が腐乱しだした。

 医療チームに同行してガン村を訪れた初日に、一人の医者が私に告げた。「この子は末期ガンで、もう長くありません。半年以上体を洗ってないし、寝返りをさせてあげる人もいません。この子の髪の毛を洗ってあげましょう」

 私はこの子の体を引っくり返した。するとなんと、背中には本よりも大きな空洞ができている。私は老眼なので、目の前には白くぼやけているものしか見えなかった。メガネをかけてみて、びっくりした。寄生虫がいっぱいいるではないか!私は手袋をはめていたが、傷口に触れると、瞬く間にたくさんの寄生虫が私の両腕に這い上がってきた。そのとき、「もう死んじゃう!死んじゃうよ!」と思った。体が固まって思考力が止まった。逃げることもできなければ、叫ぶこともできない。この子を驚かせてしまうからだ。ただひたすら涙が止まらなかった。

 隣の看護婦さんは私を催促していた。「唐さん、早くしてください。早くしてね、まだたくさんの家庭で傷口の処理をしなければならないのだから」。私は涙を流しながら、手の震えが止まらず、傷口を処理していた。

 半年以上排便していないガン児童


 傷口を処理し終わって、去ろうとしたとき、先ほどの医師に呼び止められた。「唐さん、まだ終わってないのよ。肛門から便を出してあげてください」

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^