大紀元時報
集団抗議

中国、各地で相次ぐ大規模デモ

2016年01月21日 13時58分
市政府のトラック新規定に反対して、江西省南昌市で約千人のトラック運転手が抗議デモ(目撃者の微博より)
市政府のトラック新規定に反対して、江西省南昌市で約千人のトラック運転手が抗議デモ(目撃者の微博より)

 数万人のタクシードライバーがストライキ

ストライキ中の江西省南昌市の
タクシードライバー(目撃者の微博より)

 今月11日から13日にかけて、広東省東莞市、江西省南昌市、江蘇省南京市の数万人のタクシードライバーが、大規模なストライキを起こし、車両レンタル料の値下げ、保険料の免除、タクシー業界の独占禁止を求めた。

 広東省東莞市では、デモに参加した多くのタクシードライバーが警察から殴打され、11人が逮捕された。江蘇省南京市では、タクシーが政府専用車に衝突し、デモ参加者が政府専用車をひっくり返す騒動が起きた。警察は数人のタクシードライバーを逮捕した。

江蘇省の学校で有毒物質 学生に健康被害

江蘇省常州市の外国語学校の学生と保護者が
学生らの体調異変で学校移転を訴え、
市政府で集会(ネット写真)

 今月15日、江蘇省常州市の外国語学校の学生と保護者が市政府で集会を行い、多くの人が警察から殴打され、数人が逮捕された。

 去年12月から、この学校の学生と教師が、目まい、嘔吐、咳、鼻血、湿疹などの症状を相次ぎ訴えた。一人の学生はリンパ癌と診断された。学校付近の土地から漂う悪臭が原因ではないかとみられている。

 悪臭は、学校付近にある元農薬工場の跡地からのものであり、保護者は政府に対して学校を移転するよう強く求めている。

(翻訳編集・山本アキ)

関連キーワード
^