大紀元時報

東京で食べたい絶品パフェ5選!定番のフルーツパフェから抹茶パフェまで

2020年03月14日 21時04分
City Foodsters/Flickr
City Foodsters/Flickr

色とりどりのフルーツが美しく飾り付けられたパフェは、美味しく、見た目も美しいことから写真映えするスイーツとして大人気。そこで今回は数あるパフェの中でも特におすすめの絶品パフェをご紹介いたします。

目次

資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ

 

1902年の創業の老舗「資生堂パーラー」。大人気の「ストロベリーパフェ(1,800円(税込))」は、一つ一つ吟味して厳選された素材のみで作られた贅沢な逸品。主役のいちごの美味しさを思う存分味わえるよう、パフェの中身は自家製いちごソースと創業当初のレシピがベースのバニラアイス、甘さ控えめの生クリームといたってシンプル。1月から3月末まで開催されている「こだわりの"苺"フェア」では旬のいちごを惜しみなく使ったゴージャスなパフェも登場します。

資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F


果実園 東京店

東京駅構内のキッチンストリートにあるフルーツパーラー。「常に身近にフルーツを」との思いから、モーニングからディナータイムまで新鮮なフルーツをふんだんに使った多彩なメニューを用意しています。看板商品の「フルーツパフェ(1,430円(税込))」は、パフェの8割以上をフルーツが占めるという贅沢かつボリューム満点の一品。スイーツ好きの方にはたまりませんね。

果実園 東京店

東京都千代田区丸の内1-9-1 キッチンストリート内


千疋屋総本店

1834年創業の日本初の果物専門店「千疋屋総本店」のおすすめは、「クイーンストロベリーパフェ(2,860円(税込))」。最高峰のいちごと言われる女峰をさらに厳選し、味と香りのバランスや、色・つや・形など全てにこだわった「クイーンストロベリー」をふんだんに使用した、期間限定の贅沢なパフェです。まるで宝石のように真っ赤に輝くいちごが華やかに盛り付けられたパフェは、見ているだけで幸せな気分になりますよ。
販売期間:12月26日~5月初旬頃

 千疋屋総本店

東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー 2F


茶寮都路里 大丸東京店

京都祇園に本店を構える宇治茶の専門店「辻利」が手掛ける「茶寮都路里」のおすすめは「特選茶々パフェ(1,606円(税込))」。さっぱりした抹茶・ほうじ茶・玄米茶の三種類のゼリー、もちもち食感の抹茶と玄米茶のわらびもち、濃厚なバニラアイスと抹茶アイス、玄米茶アイスが盛り付けられた贅沢なパフェで、お茶の風味を様々な食感で楽しむことができます。

 茶寮都路里 大丸東京店

東京都千代田区東京駅八重洲北口 大丸東京店 10F


夜パフェ専門店 パフェテリア ベル

食事や飲み会の締めとしてパフェを食べる「シメパフェ」文化発祥の地・札幌から2017年に東京に進出した夜パフェ専門店「パフェテリア ベル」。生のフルーツをふんだんに用いたソルベやジェラートを使った甘さ控えめでさっぱりとした味わいのパフェは、まさに一日の締めにふさわしいもの。厳選素材のみを用いた美しく繊細なパフェは全て期間限定で、訪れるたびに絶品パフェと一期一会の出会いが楽しめますよ。
2019年には池袋に姉妹店モモブクロもオープン。東京でのシメパフェ文化をリードする2店舗、ぜひご注目ください。

※メニューは季節により異なります。

 夜パフェ専門店 パフェテリア ベル

東京都渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル3F

 

色とりどりのフルーツを使い、美しく盛り付けられたパフェは見ているだけで幸せな気分になりますね。ご紹介したパフェは見た目はもちろん、美味しさにもとことんこだわった逸品ばかり。ぜひ実際に味わってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元

 

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^