■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/06/html/d10626.html



NY市場サマリー(23日)

(カッコ内は前営業日比、%は利回り)

ドル/円   終値   116.52/54
       始値   116.42/44
   前営業日終値   116.10/13

ユーロ/ドル 終値   1.2502/08
       始値   1.2493/94
   前営業日終値   1.2574/78

30年債(2130GMT)    88*23.50(‐0*03.00)=5.254%
前営業日終盤    88*26.50(‐0*23.00)=5.247%

10年債(2130GMT)    99*07.50(‐0*03.00)=5.224%
 前営業日終盤   99*10.50(‐0*13.00)=5.212%

 2年債(2130GMT)    99*09.00(‐0*01.50)=5.270%
前営業日終盤 99*10.50(‐0*02.25)=5.242%

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>
     終値         10989.09(‐30.02)
   前営業日終値    11019.11(‐ 60.35)

ナスダック総合<.IXIC>
     終値         2121.47(‐1.51)
   前営業日終値    2122.98(‐18.22)

S&P総合500種指数<.GSPC><.SPX>
     終値         1244.50(‐1.10)
   前営業日終値    1245.60(‐ 6.60)

COMEX金(8月限)(ドル/オンス) 588.00(+2.60)
     前営業日終値        585.40(‐5.60)

原油先物(8月限)(ドル/バレル)   70.87(+0.03)
     前営業日終値         70.84(+0.51)

CRB商品指数<.CRB> (ポイント)   335.04(‐1.12)
     前営業日終値     336.16(‐0.59)
-----------------------------------------------------------------
 <為替> ドルが上昇。対ユーロ・円で2カ月ぶりの高値をつけた。来週28・29日
の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げが確実視されていることに加え、
8月のFOMCでも再度利上げが実施されるとの観測がドル買いを支援した。

 NY外為市場:[USD/J]
------------------------------------------------------------------
 <債券> 下落。米連邦準備理事会(FRB)が来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で
利上げを実施し、8月の追加利上げの可能性もあるとの見方を背景に、8営業日連続の
下げとなった。

 米金融・債券市場:[US/BJ]
------------------------------------------------------------------
 <株式> 小幅続落。エネルギーセクターの買収案件が相場を支援した一方、来週の
連邦公開市場委員会(FOMC)を前に利上げ懸念が依然根強く、不安定な動きとなった。

 米国株式市場:[.NJP]
------------------------------------------------------------------
 <金先物> 反発し、中心限月の8月物は1オンス=588.00ドルと、前日終値
(585.40ドル)比2.60ドル高で取引を終えた。日中取引レンジは574.50
─589.00ドル。

 NY貴金属:[GOL/XJ]
------------------------------------------------------------------
 <原油先物> 小動きにとどまり、米国産標準油種WTIの中心限月8月物は前日終値比
0.03ドル高の1バレル=70.87ドルとほぼ横ばいで終了した。夏場の週末とあって
商いはやや低調だった。

 NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

(ロイター6月23日=東京)