■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/10/html/d85323.html



中国の中信集団、カナダ社からカザフスタンの油田を19億ドル取得

 中国の国営投資会社である中信集団(CITICグループ)は、カナダのネーションズ・エナジーがカザフスタンのカラザハンバス油田・ガス田で所有する資産を、19億ドルで取得することに合資した。両社が26日に発表した。

 両社が発表した声明によると、カザラハンバス油田およびガス田の確認埋蔵量は3億4000万バレル強、生産量は日量5万バレルを上回る。

 関係筋によると、両社は6月から交渉を続けてきた。

 [シンガポール 26日 ロイター]