■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2007/02/html/d99989.html



2月15日、英BPは米テキサス州の製油所に爆破予告があったため一部従業員を退避させたことを明らかに。写真は2005年3月撮影(2007年 ロイター/Richard Carson)

米テキサス州の英BP製油所に爆破予告、従業員が退避

 英石油大手のBPは、米テキサス州の製油所に対して14日と15日の両日、爆弾を仕掛けたとの脅迫があり、一部従業員を退避させたことを明らかにした。米連邦捜査局(FBI)のある特捜官によると、BPの製油所にある移動式トイレで脅迫状が見つかった。

 BP関係者は、同製油所の生産には影響はないが、修理・点検作業が一時停止した、としている。

 テキサス州にあるBPの製油所は1日あたり46万バレルの精製能力を持つ米国第3位の製油所だが、2005年9月に襲来したハリケーン「リタ」で受けた被害の復旧作業がいまだに続いており、製油能力は半分程度に落ちている。

 [ヒューストン 15日 ロイター]