■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2008/04/html/d64643.html



五輪トーチ・リレー取材中の記者が、中国人留学生たちが投げた物が頭に当たって流血し、同僚の記者たちが止血している(撮影=金国煥、大紀元)

朱に染まるソウル、北系NGOが紅旗軍団と衝突

 【大紀元日本4月28日】韓国の北京五輪トーチリレー中に、参加した中国人留学生たちの攻撃で行事を取材していた韓国日報の記者が負傷する事故が発生した。

 27日午後2時20分頃、トーチがオリンピック公園平和の門を抜けた直後、中国人留学生たちは反対側の道路で平和的に集会していたオリンピック・トーチリレーに反対する市民大会の現場を攻撃した。

 中国人留学生たちは、市民団体に向けて五星紅旗に使用するステンレス・パイプ、石つぶて、瓶、ペットボトル、ハンバーガーなどを投げつけた。

 この過程でリレーを取材していた韓国日報の記者が、飛んで来た角材のような物が頭に当たって流血し、現代アサン病院の応急処置室に移送され治療を受けた。

 「紅旗軍団」は、市民団体を攻撃する過程でこれを阻もうとする警察当局と激しく衝突した。

 これらの勢力は、午後1時頃にも北京オリンピック・トーチリレーに反対する市民団体を襲ったが、警察の阻止で目的を果たせなかったため、トーチが出発した直後に再度これらの団体を攻撃した。

 これに先立ち12時40分頃には、「人権なくして、五輪なし!(NO HUMANRIGHT NO OLYMPICS! )」と叫んだ「北朝鮮人権国際連帯」のムン・グックハン代表が中国人留学生たちの暴行に遭い、垂れ幕をはぎ取られて侮辱された。
混乱したリレー会場(撮影=金国煥、大紀元)
紅旗軍団が投げつけた物にはステンレス・パイプもあった(撮影=金国煥、大紀元)
警察当局と衝突する「紅旗軍団」の中国人留学生たち(撮影=金国煥、大紀元)
「人権なくして、五輪なし!」と叫んで暴行された「北朝鮮人権国際連帯」のムン・グックハン代表(中央)。彼は外信記者と国内取材陣たちの見ている前で紅旗軍団に取り囲まれて暴行された(撮影=金国煥、大紀元)
紅旗に取り囲まれ、窮地に陥るムン代表(撮影=金国煥、大紀元)


 
(記者:ト・テラン)