■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/06/html/d85448.html



6月12日、日本代表のジーコ監督がW杯初戦敗戦後、1次リーグ突破の難しさを口にした(2006年 ロイター/Kimimasa Mayama)

サッカー=ジーコ監督、「我々は厳しい状況に立たされている」

4年に1度開催されるサッカーの祭典、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で初戦のオーストラリア戦で逆転負けを喫した日本代表のジーコ監督が敗戦後、1次リーグ突破の難しさを口にした。

 肩を落とすジーコ監督は、いくつかあった得点チャンスを無駄にしたのが、敗因の一つであると今回の試合を振り返り、「我々は極めて厳しい状況に立たされている。(第2戦の)クロアチア戦は勝たなければいけない」と悲壮な決意を語った。

 日本は前半26分に中村俊輔のゴールで先制を奪ったが、試合残り6分から一気に3失点の逆転負けを喫した。

 W杯黒星スタートとなった日本は18日、第2戦でクロアチアと対戦する。

[ロイター12日=カイザースラウテルン(ドイツ)]