(Kiyoshi Ota/Getty Images)

<今日は何の日?>8月2日 お箸の日

 【大紀元日本8月4日】「を正しく使おう」という民俗学者・本田總一郎の呼びかけから、わりばし組合が1975(昭和50)年、8月2日をの記念日にした。

 今日のように日本の食事にが使われるようになったのは、聖徳太子の指導によるものとされている。7世紀初めに隋へ渡った使節団が王朝の食事作法を学び、そこでの存在を知った。聖徳太子がこの報告を受けて、隋の王朝を招く前に、食事作法としての使い方を朝廷の人に習わせたという。この頃から、一般家庭で食事にを使う風習が広まった。

 自動車ニュースサイト「レスポンス」によると、NEXCO西日本中国支社と西日本高速道路サービス・ホールディングスは、の日にちなんで7月31日から8月4日まで「My」が抽選であたるキャンペーンを行っている。同社が取り組むエコ再考企画の一環として行われるもので、関係者は「の日にちなんで、改めて環境について考えてもらいたい」と話している。

(飯村)