■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d99200.html



9月9日、タイのタクシン首相は、10月15日に予定されていた総選挙が延期される公算が大きいとの認識を示した。8月撮影(2006年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

タイのやり直し総選挙、延期の公算大=タクシン首相

 タイのタクシン首相は9日、10月15日に予定されていた総選挙が延期される公算が大きいとの認識を示した。これにより、すでに8カ月に及んでいる政局混迷がさらに長引くことになる。

 首相は記者団に「(選挙は)予想通り延期されそうだが、選挙管理委員会の提案を待たなければならない」と語った。

 上院は8日、最高裁判所が選んだ10人の候補から5人を新選管委員として選出した。

 新委員に選ばれた検察当局高官のPrapan Naikowit氏は、新選管の初会合が開かれるのは9月14日との見通しを示した。

 タクシン首相は、「10月15日の選挙実施は無理だ。しかし、選挙の適切な時期について選管や各党と協議する必要がある」と述べた。

 [ロイター9日=バンコク]