印刷版   

台湾を狙う1400発のミサイル

台湾狙った中国ミサイル、1400発まで増設=米国情報

 【大紀元日本3月30日】情報部門に関連する米国関係者の証言によると,中国共産党が台湾を対象に大量のミサイルを配置しているという。台湾を狙っているミサイルは、2001年の300発から現在1400発まで増加されていることから、中国共産党の偽善の仮面に隠された、中国共産党政権の好戦的なテロリスト本質が浮上したと言える。

 ワシントン・タイムズは匿名の米国関係者の話しを引用し、中国ミサイル1400発は台湾を狙っていることを伝えた。この関係者は中台関係に詳しい人物であるという。

 米国防総省の中国軍事報告書によると、台湾をターゲットにしたミサイルは990~1070発が新たに配置され、「射程、命中率、爆発力各方面がレベルアップされた」と指摘した。

 5月20日に任期満了になる台湾現総統・陳水扁氏は、台湾を狙っている中国ミサイルは1328発あると発表、しかし米国側はその発言を実証しようとしない。それでも、ワシントンは中国の軍事拡張に対して不安を感じている。

 米軍太平洋司令官ティモシー・キーティング氏は今月の議会で「私は、私達の友人・台湾への中国の脅威が高まっていると思う」と明言した。

 米国防総省が最近議会に提出した中国軍事年次報告書で「中国には、世界で最も積極的に進められている弾道ミサイル計画がある」としており、人民解放軍は台湾に対してCSS-6型とCSS-7型短距離の弾道ミサイルを配置した。米国防総省は「毎年100発以上のスピードで拡大される」と強調。

 さらに、人民解放軍は、大量の高精確度巡航ミサイルを正式採用している。例えば、陸地巡航ミサイル、超音速で軍艦を攻撃する巡航ミサイル、および軍艦を襲う弾道ミサイルである。

 中国が増加したミサイル数の推移:

 (米国情報部門)

 2007年- 1,400枚

 2006年-790枚

 2005年-730枚

 2003年-450枚

 2001年-300枚

 
(記者・田清、翻訳・侍傑)


 (08/03/30 11:11)  





■関連文章
  • 台湾新総統、北京に警告「台湾を香港・チベットと同じく扱ってはならない」(08/03/23)
  • 台湾総統選、国民党の馬英九が当選(08/03/22)
  • 台湾総統選挙と国連加入、公民投票同時進行開始(08/03/22)
  • アトランタで竜巻、2人死亡=米ジョージア州(08/03/18)
  • チベット亡命政府台湾代表、中国政府の対応に反論(08/03/16)
  • 呂秀蓮・台湾副総統、神韻芸術祭鑑賞=台北(08/03/16)
  • 中国産医薬品原料使用、米国で19人死亡(08/03/10)
  • 台湾:低温続きでマンゴーに深刻な病害(08/03/07)
  • 中国の黄砂、日本・韓国・台湾各地に影響(08/03/07)
  • 米大統領選共和党予備選、マケイン氏オハイオ州で勝利=指名可能性強まる(08/03/05)
  • EUと米国、金融情報統制で中国をWTO提訴(08/03/03)
  • 米ニューヨーク州司法当局 死体闇市場を徹底捜査へ (08/02/25)
  • 「中国人権と2008五輪」フォーラム、国際要人ら100人が参加=台北(08/02/25)
  • 米ネバダ州で震度6・3の地震発生(08/02/24)
  • セルビアの米国大使館襲撃で、1人の焼死体発見=米政府高官(08/02/22)