■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2008/03/html/d49581.html



エクアドル:土砂崩れ発生で送油管破裂

 【大紀元日本3月3日】南米エクアドルでこのほど、豪雨のため山津波が発生し、送油管が破裂。原油が漏れ出し、山間部が汚染された。関連当局から100人以上が出動し、現在原油の拡散は収まっているという。

 報道によると、エクアドルは1月中旬から大雨が続いており、先週木曜、豪雨のため土石が崩れ大量の土砂が流れ出した。このためアマゾン山間部の主要送油管が破裂し、流れ出た原油で汚染が発生。関連部門は報告を受けた後、ただちに2本の主要送油管の送油作業を停止し、160人の作業員を出動させ処理と送油設備の緊急復旧活動にあたらせた。予定では72時間ほどで修理が完了し、原油輸送が回復するとの見込みだ。

 
(翻訳・坂本)