大紀元時報

コンビニでいま人気の美味しいスナック菓子5選

2020年04月13日 12時49分
Ikumi_Watanabe
Ikumi_Watanabe

コンビニで手軽に買えて、しかも安くて美味しいスナック菓子!今回はいま日本で人気のスナック5選をご紹介します。どれも一度食べだしたら止まらない、やみつきになるスナックばかりですよ!


1. カルビー 「えだまりこ」

日本のコンビニでよく見かける「じゃがりこ」は、じゃがいもの風味とザクザクとした食感が人気のお菓子!その「じゃがりこ」の製法を生かして作られたのが、えだまめを使ったこちらの「えだまりこ」です。食感はサクサクとしていて、ほのかな塩気がえだまめ本来の旨味をぐっと引き立てていますよ。
じゃがりこと同じく棒状になっていて割れにくいので、お土産にもおすすめです。


2. 江崎グリコ 「クラッツ ペッパーベーコン」

なんと90%のビールユーザーに「ビールが進む」と評価されたという、ビールに合わせて楽しみたいスナックです。ビールが進むといわれる理由は、カリッと噛むたびに、ブラックペッパーの辛みとベーコンの濃厚な旨みが口いっぱいに広がるから!塩気は強めですが、ビールや日本酒、焼酎など、甘くないお酒との相性は抜群ですよ。


3. 湖池屋「KOIKEYA PRIDE POTATO 本格濃厚のり塩」

ポテトチップスの老舗・湖池屋が、さらに理想のポテトチップスを追求して生まれたのが「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズ。素材やカットの厚み、揚げ方など、とことんこだわったポテトチップスは、口の中で砕ける軽やかな食感が特徴です。
中でもこちらの「KOIKEYA PRIDE POTATO 本格濃厚のり塩」は、程よい塩味とのりの風味で最後まで飽きずに食べられます。うま味調味料や香料が無添加なので、後味もさっぱりしていてもたれませんよ。


4. 江崎グリコ 「超カリカリプリッツ(バターしょうゆ)」

プレッツェルを細長くしたようなスナック「プリッツ」は、日本では1962年から発売されている定番のお菓子。その「プリッツ」から待望の新フレーバー「超カリカリプリッツ(バターしょうゆ)」が発売されました!
この商品の特徴は、何といってもその細さと香ばしい風味。通常の「プリッツ」よりも細いので、カリカリとした食感と香ばしさが際立っています。味も醤油の塩気とバターの甘みが絶妙にマッチしていて、一度食べると止まらなくなる美味しさですよ!
約100本入っているので、仲間とシェアして食べたいときにもぴったりです。


5. カルビー 「ポテリッチ 濃厚バター醤油味」

厚切りのポテトチップスが好き!という方におすすめなのは、こちらの「ポテリッチ」。ポテトの味をしっかりと感じられる程よい厚みのチップスにはギザギザの切り込みが入っていて、噛むとザクッとした歯ごたえが楽しめます。
とくに「ポテリッチ 濃厚バター醤油味」は、袋を開けた瞬間から香る北海道産バターがポテトとマッチ。醤油のコクがバターとポテトの甘みを引き締めています。

いかがでしたか?日本ならではのフレーバーがたくさん見つかる、コンビニのスナック菓子。観光を楽しんだあとは、宿泊先へ帰る前にコンビニへ寄って、ご紹介した商品を探してみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^