トップLIFE 医山夜話
医山夜話
(jimurawski/creative commons)
心のダメージ(2)

ジェニーは長い間、てんかんの他にも重いうつ病を患い、不眠症と悪夢に絶えず苦しめられていました。薬を飲み続けていますが情緒が不安定で、いつも緊張した生活を送っていま...

(ohhhbetty/Creative Commons)
9歳の子供占い師

レスリーは私と長年の付き合いがある古い患者ですが、長い間顔を合わせていませんでした。

(Mel B/Creative Commons)
心のダメージ(1)

最後の患者が帰り、診療所の扉をしめて外に出ようとした時、電話のベルが鳴りました。少し迷いましたが、電話を取ると、それは知り合いの西洋医からの電話でした。

(calydelphoto/Creative Commons)
体から魂が抜け出た人(下)

「あなた、あと7日で納税の締め切り日が来るわ。書類を整理して、すぐに郵送しなければだめよ。もし今回も以前のように、だらだらとそれを遅らせるなら、私はこの家からすぐ...

(calydelphoto/creative commons)
体から魂が抜け出た人(上)

Aさんの主治医は私の診療所をAさんに紹介し、カルテをたくさん送ってきました。私がまだカルテを読んでいないうちに、Aさんは私の診療所へやって来ました。

(Aechempati/Creative Commons)
夫婦喧嘩

白熱したケンカの原因は、パンを厚切りにするべきか、それとも薄切りにするべきかについての論争でした。ダイアナとスティーブはお互いに信仰や生活スタイル、観念が異なるた...

(wwarby/creative commons)
運命と求めるということ

彼女は待合室のイスに座り、かばんの中の探し物に夢中になっていました。それほど大きくないカバンは、くし、口紅、財布、ノート、ガムなどでパンパンになっていました。私は...

(mikepedroncelli/Creative commons)
夢のつぐない

若い頃、医者という職業を選択する前、私は不思議と同じ夢を見ては、翌朝になってもその内容を生々しく覚えていました。最初のころはあまり気にかけていませんでしたが、あま...

(Ian Gavan/Getty Images)
ダニーのカルテ

ダニーの格好は、とても人目を引きます。黒づくめの服に自転車のチェーンで作ったベルトを締め、穴だらけのブーツを履いています。

(EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images)
ナンシーのカルテ⑤

ナンシーは引き続き治療を続けており、結果がどうなるかは誰も予測することができません。

(Johannes Simon/Getty Images)
ナンシーのカルテ④

ナンシーが私のクリニックを最後に訪れてから、だいぶ日が過ぎました。私の推測では、彼女の化学療法は第一段階と第二段階を過ぎたはずです。

(JOE KLAMAR/AFP/Getty Images)
ナンシーのカルテ②

「手術を受けている時、自分が2人いるような感覚でした。一人は手術台に載せられていて、もう一人の魂は宙に浮いて手術の過程を見ているのです。

(PATRIK STOLLARZ/AFP/Getty Images)
ナンシーのカルテ①

「先生、私はどうしてこんなにも不幸なのかしら?」ナンシーは私の診療室で、涙ながらにここ数ヶ月間の出来事を話してくれました。

(Pixabay)
財産

財産は使うために存在するものです。お金がないと生活ができませんが、お金ばかりに目が眩んでもいけません。ひたすら節約して一文も使わないのなら、山積みの財産を持ってい...

(Uriel Sinai/Getty Images)
修煉を始め、タバコをやめたカジノのディーラー

ある冬の日の明け方、まだ空が真っ暗な中で、冷たい風に吹かれながら、一人の男性が右手にテープ・レコーダーと座禅用の座布団、左手に法輪功の資料を持って煉功する場所に向...

(Powerhouse Museum/Creative Commons)
優秀な女医が残した人生の遺憾

私の友人に、ケイシーという女医がいました。彼女が勤める病院は私の診療所の近くだったので、私たちはよく互いに患者さんを紹介していました。有能で美しいケイシーは私と同...

(Allan Siew/Creative Commons)
幻肢痛

私の診療所に入ってきた彼は、足を少し引きずっていました。暗くて辛そうな表情を浮かべ、足が痛いと訴えます。私は彼に通常の質問をした後、彼の舌と脈を診ました。

Getty Images
金銭で買えない病気の代役

私の友人に、ダイアナという女性がいます。ある日、病院に行った彼女は医者に言いました。「この世の中、何でもお金で買えますが、私の代わりに病気にかかってくれる人はなぜ...

(Photo by INA FASSBENDER/AFP via Getty Images)
患者自身が悟った本当の病因

ある日、パーキンソン病を患っているレイという女性が、私の診療所を訪れました。レイは3年前から発病し、両手がぶるぶる震え、食事をする時にはご飯が口もとに届く前に、床...

(Photo by Mike Hewitt/Getty Images)
親友から授かった命

夜中の3時、ジェーンは突然かかってきた電話に、ベッドから飛び起きました。こんな時間に電話がかかってきたということは、危篤状態になっている入院中の娘・モニカに緊急事...

(Photo by Dan Kitwood/Getty Images)
一つの夢で治った難治の病

ローリと母親は、とても微妙な関係でした。ローリが生まれてから3カ月後、父親は愛人の家に行ったまま帰らなくなったため、母親はローリを連れてカリフォルニア州から引っ越...

Getty Images
前世に結ばれた親子の縁

Kさんには胃の持病があり、治療を受けてからしばらくの間はよかったのですが、最近また再発しました。Kさんの奥さんが、彼の今回の発病について次にように語ってくれました...

(Creative Commons /lincolnian)
医者としてのモラル

職業道徳を尊重し、忠実に職務をこなし、誠心誠意、患者を診療することが医者のモラルである。患者の安否は医者にかかっているため、いいかげんな診療をしてはならない。

(Mescon/Creative Commons)
医者―命に関わる職業

唐の皇帝・李世民が全国に医学校を設置し、そこで医学を学ぶ学生は「医者」と呼ばれるようになった。後世になって、いわゆる「医者」の意味は「医学を学ぶ学生」に限らず、「...

(Photo credit should read EVARISTO SA/AFP via Getty Images)
医療には尊重と信頼が不可欠

数人の友人から、医者であった先祖の話を聞いたことがあります。 ある友人の故郷は中国の山東省にあり、彼の祖父は地元で有名な医者でした。

(avlxyz/Creative Commons)
魚スープ

「大工の家の腰掛けは3本足、裁縫の家の子供は尻丸出し、医者の家の病人は誰も治さない」という諺があります。

耳のツボ

漢方医の私は職業上の習慣で、人の耳にいつも注意を払います。時には相手の耳ばかり見てしまい、相手の話を聞き逃してしまいます。

(adamjonfuller / Creative Commons)
人生の舞台

診療所に務める以前から「患者からの社交的な誘いは受けない」というルールを自分に課してきました。医者の職業道徳を保ち、患者に対して感情移入することを避けるのが主な目...

(Aechempati/Creative Commons)
夫婦喧嘩

白熱したケンカの原因は、パンを厚切りにするべきか、それとも薄切りにするべきかについての論争でした。ダイアナとスティーブはお互いに信仰や生活スタイル、観念が異なるた...

Photo by Danielle MacInnes on Unsplash
患者からもらった玉子

私の小さい時の話です。ある日、母と買い物をするために街に行きました。そこで、変な歩き方をしている王さんを見かけたので、母は持っていた買い物かごを私に持たせ、「王さ...

^