■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/10/html/d96568.html



10月15日、米ハワイ島沖で、強い地震が発生。写真は、停電が起きたホノルルで交通整理をする警官。NBCテレビの映像写真。NBC提供(2006年 ロイター)

米ハワイ島沖でM6.6の強い地震、オアフ島で停電

 米ハワイ島沖で現地時間15日朝、強い地震が発生。オアフ島では一部で停電が起きた。

 震源はハワイ島西側の沖合いで、240キロ離れたオアフ島でも揺れが感じられた。マグニチュードは6.6。米国地質調査所(USGS)は当初、マグニチュード6.3と発表していたが、その後6.6に修正した。

 今のところ死傷者が出たとの情報はないが、広範囲で停電や建物の被害が見られるとの情報が所々から寄せられている。

 ホノルル・アドバタイザー紙(電子版)によると、地震の影響でホノルル国際空港が閉鎖されたほか、地滑り、病院などの建物が被害を受けたもよう。

 大西洋津波警報センターは、津波の心配はないとしている。

[サンフランシスコ 15日 ロイター]