■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d88740.html



09年全世界のネット攻撃、半数は中国から=ロシアIT企業調査報告

 【大紀元日本1月29日】アンチウイルスのソフト開発で有名なロシア企業「カスペルスキー実験室」が最近発表した調査報告書によると、09年全世界で起きたネット攻撃の半数以上は中国からだという。

 1月26日の記者会見で、同社が調査結果を公表した。それによると、2009年において増加したネット攻撃ソフトの数は1500万個、2008年の増加比率とほぼ同じだが、その技術性と破壊力は大幅に強化された。一方、09年1年間で記録できたネット攻撃の件数は7362万件で、その半数(52.7%)は中国からだという。

 また、同社が最近リリースしたWindows7対応のアンチウィルスソフトも攻撃される対象となっているという。

 カスペルスキー実験室は世界において、ウイルスソフト、ハッカー攻撃、ネット攻撃ソフト、迷惑メールなどの対策ソフトの開発に強みを持つ。中国にも支社を設立している。

(翻訳編集・叶子)