THE EPOCH TIMES

12歳の少女が赤ちゃんを出産、「複数の教師に強姦された」=湖南省

2013年07月13日 12時10分

 警察の発表では、思思ちゃん、唐と同校の3人の教師の血液サンプルをDNA鑑定した結果、犯人は唐であることが判明したとなっている。

 一方、南方都市報の記者が内部から入手した同DNA鑑定書の内容は警察の発表と完全に不一致であった。

 なんと、DNA鑑定を行ったのは、思思ちゃんと唐、そして本事件と関係のない別の男性教師1人だった、容疑者である3人の教師は鑑定を受けていないのだ。

 思思ちゃんの父親も鑑定の結果を受け入れられないとしている。その話によれば、唐は彼の遠縁の親戚。父親は「そのことが原因で、DNAが一致したのではないか」、「彼は罪を転嫁させられた」とみている。

 思思ちゃんが出産する直前の4月18日、同県人民法院は、本事件の犯人として唐に12年間の懲役刑を言い渡した。生涯独身で親戚付き合いも絶っている独居高齢者である唐はいま服役中である。

 一方、現地当局の幹部たちも度々思思ちゃんの両親の元を訪れて、中絶を強く勧めたという。

 「娘を犯した真犯人を突き止めるためにも、最後の証拠を残す」と、両親は娘に出産させることを決意した。
 
 赤ちゃんが生まれてから、父親は幾度も上層機関に陳情を試み、赤ちゃんと3人の教師のDNA鑑定を再三に要求しているだが、当局は応じていない。

 謎その3、警察当局に改ざんされた通報内容

​ この強姦事件を警察に通報したのは、妊娠検査を担当した同県計画生育部門の医師・譚東方先生。彼女の通報内容をめぐっては、警察と当事者各方面の言い分も大きく食い違っている。
  
 警察が南方都市報の記者に開示した内部記録では、譚先生は当時、「思思ちゃんは隣村の高齢の男性に強姦されたと証言している」とこのように通報している。

 しかし、同記者の取材に対して、思思ちゃんとその両親、そして譚先生も、このようなことは通報していないと話した。譚先生は、「私は、幼い女の子が妊娠してしまったと警察に説明しただけ」と当時の状況を振り返って、警察の記録を真っ向から覆した。

 「娘が繰り返し3人の教師を名指して告発しているのに、なぜ、彼らを無実だと判断できるのか」という父親の問い詰めに対して、警察は、「当事者の教師たちが否認している」「小学生である彼女の証言の信憑性が低い」と根拠の薄い説明を並べている。

 一方、捜査に関わった警官たちは容疑者の教師らから多額の現金賄賂をもらったという未確認情報もある。

 (翻訳編集・叶子)
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^